3回目のワクチン接種が待ち遠しい!

ここ数日、新型コロナウイルスの感染者が、急激に増加しています。
このような状況になる前に定期検診のご予約をお取りになった患者さんから本日、少し延期したい旨のご連絡があり一旦ご予約をキャンセルしたのですが、すぐまたご連絡がありやっぱり行きますとのこと。

遠方からお越しになるシニアの方ですので、「無理なさらず、ワクチン接種が済んでから感染状況を見ながら再度ご予約頂ければ結構ですよ。」とお伝えしたのですが、「ワクチン接種の順番が廻ってくるころにはもっとひどくなっているかもしれないから、今のうちに行きます。」とのことでした。

感染が急激に増加した分、急激に下がってくれると嬉しいのですが、何しろ人類が初めて経験するコロナウイルスですから、先のことはわからないですね。何だか、途切れ途切れに光が差し込む長いトンネルに入ってしまったような心持ちです。

当院は1月23日(日)にスタッフ全員、3回目のワクチン接種予定です。
翌24日はもともと土曜診療の振替で休診日に設定していたため、幸い、ワクチン接種による診療への影響はございません。[余程の高熱が出ない限りですが・・・)

今週末は土曜日の診療が無いので、久しぶりにゆっくり出来そうです。
皆様もくれぐれも御身大切に、どうぞ良い週末をお過ごしください。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

風邪をひくかと思いました・・・

本日、1月5日が診療開始日なのですが、私は例によって箱根駅伝観戦のため、1月3日に診療室にやって参りました。
感染防止のため沿道での応援は自粛ということでしたので、人混みを避け、当院の中央通沿いの医局の窓を全開にして上から観戦させて頂きました。

年末からずっと寒い日が続いていますが、1月3日も人気の無いビル内は冷え切っていて、室内の温度は10度位で、陽が差している外の方が余程、暖かいと思いました。

皆様ご存知のように、第98回箱根駅伝は青山学院大学の総合優勝でそれも2位に10分以上の大差をつけての圧勝でした。2位を待つ間も長かったのですが、その後、シード権を逃したわが母校を待っている間に寒くて風邪をひくかと思いました。

青学の強さは暫く続きそうですが、来年は是非ともコロナ禍が落ち着いて、予選会を勝ち抜いた母校の雄姿を、沿道から小旗を振って応援したいものです。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

2022年 チーム吉田始動!

今日から2022年の診療開始です。
昨年に引き続き、コロナ禍の中での診療開始となりました。
昨年後半はしばらくぶりに落ち着いたように見えた感染状況ですが、オミクロン株の影響でしょうか、年明け早々、全国的に感染急拡大の様相を呈しています。

当院では1月23日にスタッフ全員が3回目のワクチン接種の予定です。
翌日の24日(月)は土曜診療の振替でもともと臨時休診日に設定していたため、特に診療日程には影響なく済みそうです。

昨年同様、気を引き締めて診療に当たって参りますので、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

吉田デンタルクリニック
スタッフ一同

皆様、どうぞ良いお年を~!

今日は2021年12月28日、本年最後の診療日となります。
コロナ禍の中の大変な1年でしたが、無事に過ごせたことをとても有難く思っております。
皆様にはご来院の度に検温・手指消毒・うがい等にご協力頂き、深く感謝申し上げます。

今年もまた沢山の方々とお会いすることができました。
先日、歯根破折治療の相談でいらした患者さんは帰り際に「ブログ、拝見しています」と仰って下さったので、ここ数日寒い日が続いていますが、一瞬、冷や汗が出てその後、暑くなりました。

客観的に私の書いたブログを見ると、直近は“みかん文字”ですよ。
その中には家のなかで サクランボの種飛ばしをしているというような記述もあり、初診の患者さんが読んで下さったら、ここの歯科医院の受付の人は大丈夫か?と思われちゃいますよね。

でも凝りもせず、またみかんで字を書いてみました。
大変だった2021年にバイバイして、ウッキーな2022年を迎えましょう。

皆様、どうぞ良いお年を~!

なお、当院休診期間中の京橋歯科医師会の休日応急診療のご案内は以下のとおりです。

場所 東京都中央区休日応急歯科診療所 (中央区保健所1階) 
期間 12月29日(水)~1月3日(月)
住所 中央区明石町12-1
電話 03(3541)5420
診療時間 9:00 ~ 17:0

吉田デンタルクリニック 受付 菊地

みかん文字

忙しさにかまけブログの更新をすっかり怠っていたら、もう12月も11日なのに、今月最初のブログになってしまいました。(今月最後にならないように頑張ります・・・)

毎年のことながら、長いお休みの前は治療が中途半端にならないようにご予約をお取りするため、受付職のワタクシは緊張します。

歯根破折保存治療は術後の4週間以内に固定が外れるといけないので、当院が対応できないお休み期間を外すため、年内の治療はずっと前に締め切らせて頂き、皆様には年明けまでお待ち頂いております。
そのほかの治療も次回・その次、そのその次くらいまで考える必要があり、年内は何だか先生の治療時間の取り合いみたいな感じになっています。

オミクロン株とかいう変異株も出てきていますが、今のところ国内ではコロナの感染状況も落ち着いているため、年内に定期検診をご希望の方も多く、歯科衛生士さんも大忙しで、いつもより慌しい2021年の年の瀬です。

そんな中、思いがけず親戚から産地直送のみかんがひと箱届きました。10キロ入りです。
みかんは大好きなのでとっても嬉しいのですが、箱にぎっしりはいっているみかんちゃんたち、下の方は傷んでしまわないかと心配で全部床に出してみたら、部屋の床一面がオレンジ色になりました。
ふと、みかんで絵をかいてみたのが下の写真です。

我が家の廊下は意味も無く広いので遊ぶには丁度良く、以前はさくらんぼの種飛ばしをしていて、そのブログを読んで下さった患者さんから、「家の中で種飛ばしですか?」ちょっと呆れ顔で驚かれたのを覚えています。
食べた後のさくらんぼの種は美しくないけれど、沢山のみかんの濃いオレンジ色には元気が出ます。
みかんを踏まないよう、廊下の端をそっと歩いている師走の菊地であります。

吉田デンタルクリニック 受付 菊地

「東京に来るのが怖かった」

11月も半ばを過ぎましたが穏やかなお天気が続いていますね。
コロナの感染状況も落ち着いていますし、ずっと肩に力が入っていたものが、少しホッとできる11月ですね。

ただ・・・通勤途中にあるレストラン、雑誌にも載ったことがあり、いつか行ってみたいと思っていたのですが、今朝、お店の中ががらんどうになって空店舗になっていることに気が付きました。
そのほかにもいくつか無くなってしまったお店がありますし、ずっと臨時休業になっているお店もあります。コロナ禍の深い爪痕なのでしょう。

当院の患者さんも11月になって遠方から通院下さっている患者さんのご予約が入り始めています。
歯根破折治療後の検診11でいらした方は問題が無くて患者さんも当院もほっとしたのですが、なかには昨年、感染状況が悪化してご家族から東京に行くのを止められ、治療の予約を取っていらしたのですが、キャンセルされてそのまま1年以上が経ち、残念ながら抜歯せざるを得ない状態になってしまった方もおられました。

「東京に来るのが怖かったから仕方ない」と患者さんは仰っておられましたが、何とも切ないですね・・・
抜歯は地元の歯医者さんでなさり、他の歯が破折したらまた来ますと仰っておられましたが、お待ちしておりますとも申し上げられず、お大事に お気をつけて とお送りしました。

第6波も懸念されていますが、このままコロナが落ち着き、通院を我慢することなく、安心して過ごせる日が続くことを切に切に願います。

吉田デンタルクリニック 
受付 菊地

「敬語がきちんと使えていますね」

今日は10月30日の土曜診療日であります。
外は(お仕事するのがもったいないくらいの)気持ちの良い秋晴れです。

先日、定期検診にいらした後期高齢者世代の女性の患者さん、帰り際に受付で
「こちらのみなさんは、敬語がきちんと使えていますね」と、唐突に仰いました。
何とお答えしたらよいか、とっさに返答に窮したのですが、とりあえずお褒め頂いていると思って
「有り難うございます。かなり怪しいですが・・・」とお答えしました。 

敬語の使い方は難しいですよね。
当院にもよく営業の電話がかかってくるのですが、
「ワタクシ、○○会社の××と申し上げます!」と“申し上げた”若い男性には、思わず吹き出しそうになりました。
「あのねぇ、“申し上げます”じゃなくて、“申します”でしょ?」と言いたくなりましたが、ぐっとこらえました。おそらく新入社員さんだと思うのですが、お気の毒に、会社から教育を受けていないんでしょうね。

またこれは新人さんではないのですが、当院でお世話になっている業者さん、こちらから電話すると「はい、○○会社の××と申します」と仰います。
“申します”とは初対面の時だけ使うような気がするので、“です”で良いと思うのですが、なかなか指摘しづらく、ずっとそのままになっています。

折しも明日は衆院選の投票日です。
政治家の発言を聞いていると、“お示しをさせて頂く”とか、“しっかりとお伝えをさせていただきたい”などど、妙な言い方をされる方が多数おられます。
国民にへりくだった印象を与えたいのかもしれませんが、あまのじゃくな私は逆に馬鹿にされているように感じてしまいます。
政治家は日本を導くリーダーなのですから、日本語を間違った方向に導かないよう、まずはきちんとした日本語で国民に語りかけてもらいたいなぁと思います。

明日のお天気はイマイチのようですが、皆さん、投票に行きましょうね。

吉田デンタルクリニック 受付 菊地

今年最後の半袖日和?

今日は10月15日、久しぶりに清々しい秋晴れとなりました。
東京地方の最高気温は26度だそうで、日傘を持って来院される方も複数名おられました。
私はといえば、過ぎゆく夏を惜しみ、半袖で出勤して参りました。
今年最後の半袖かなと思いつつ・・・

“今年最後の半袖日和”と書いたら、ふと、ユーミンの“あの日 最後の バイク日和”という「ハートはもう呟かない」の歌詞の一節を思い出してしまいました。(限られた年代の方にはわかっていただけるかと存じます。)

今週前半は雨とともに急に気温が下がり、一気に季節が進んだように感じます。
季節に遅れまいと昨日、お気に入りだったピンク系の初秋バージョンから茶色っぽい晩秋モードに模様替えしたばかりなのですが、今日は暖かくて、なんだか拍子抜けしてしまいました。

緊急事態宣言が解除され、公共の交通機関での通院をためらっていた方や、検診をずっと控えておられた方からのご連絡が増えて参りました。
第6波も心配ですが、なんとかこのまま、コロナの感染状況が落ち着いてくれるといいですね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「いずれコロナは風邪の一種になる」

今日は10月2日の土曜診療日です。
緊急事態宣言解除後、最初の週末で、さらには東京地方は台風一過の好天に恵まれ、診療室から中央通を見下ろすと、銀座と日本橋の間の京橋を、家族連れで行き交う人がいつもよりずっと多く感じます。

緊急事態宣言解舒は喜ばしいことですが、まだまだ百人単位の新規感染があり、当院では従来通り、出来る限りの感染予防対策を施しながら通常の診療を行っています。

少し前、海外のドクターが「いずれコロナは風邪の一種になる」というような主旨のことを仰っておられました。確かにインフルエンザも予防接種を受けても罹患することがありますが、タミフルやリレンザのような特効薬を服用すれば劇的に回復しますよね。
コロナもそうなる日が来るのでしょうか、その日が待ち遠しいですね。

10月から飲食店でアルコール提供も始まりましたが、まだちょっとすぐにお店を予約しよう!という気にはならないのですが、(昨日、帰宅途中で見かけた飲食店で、5人以上で車座のようになってお酒を飲んでいる光景を見かけました。もしあの中の一人でも感染していれば、全員感染してもおかしくない状況でしたが、怖くないんでしょうかね・・・?)以前、兒嶋さんがポツリと言ったように、年内には久しぶりにスタッフの食事会に行きたいと思っています。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

あのオレンジ色の半円は・・・?

シルバーウイークの3連休の最終日、昨日は秋晴れの清々しい1日でしたね。
お彼岸の入りでもあり、私はなんと3か所のお墓参りに行って参りました。

お墓参りをすると何だか心が洗われたようなって好きなのですが、3か所同時は今回が初めてです。
私は“ご先祖墓マイラー”ですね。(笑)

どのお寺にも、花を携えた家族連れでお墓参りの方が沢山おられ、お彼岸というのは日本独自かもしれませんが、良い風習だなぁと思いました。

夕方、自宅に戻り、あ~良い1日だったなぁとふと外を眺めると、東の空の下の方に建物に見え隠れしてオレンジ色の巨大な半円形の物体が!

え?何だろう?と思っているとほんの少しずつ上に上がっていき、あ!お月様だ!とやっと気が付きました。でも大きい!普段、空の上の方にいるお月様はもっと白くて小さいのに、下の方だとオレンジ色に見えるんでしょうか?(天文知識ゼロ・・・)

平日のこの時間はお仕事ですし、日曜日もジムにいる時間のため、夕方に空を見上げることが殆ど無く、お月様が上がってくるところはこれまで見たことが無かったのでした。

今日は中秋の名月で、それも満月なのは8年ぶりだそうです。
お月様には兎の餅つきの模様があるとよく言われます。
想像力に乏しい私にはちっともそうは見えないので、今日は早目に帰宅し、じっくりとお月様を眺めたいと思います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地