「あそこの天ぷら屋さん、有名なんですか?」

これまで数人の患者さんから、「あそこの天ぷら屋さん、有名なんですか?」
と同じような質問を受けました。
「前を通るといつも混んでるから・・・」とのこと。

そうなんです。「あそこの天ぷら屋さん」とは当院と同じ通りの数軒先にある天ぷら屋さんなのですが、山の上ホテルから独立した方がなさっているミシュラン一つ星の天ぷらの名店であります。

以前はランチのみ天丼がありまして、(今はコースのみだと思います)何度か訪れたことがあります。アスパラの天ぷらが1本ドーンと載っているのですが、とっても美味だったことを覚えています。

やはりミシュランの影響でしょうか、コロナ禍以前はインバウンドの外国人観光客でとんでもなく混んでいましたが、今は少し落ち着いているようです。

このようなお話を患者さんとすると、「治療が終わってしまうと京橋界隈には来なくなってしまうので、その前に一度行ってみます」と仰るのですが、美味しいものを楽しく食べるには、やっぱり歯がとっても大事ですよね。

すぐ近くで働いてはいるものの、お昼も夜もコースのみではなかなか足が向かないのですが、コロナ禍で院内のお食事会もずーっと行っていないため、全員ワクチン接種も済んでいるし、落ち着いたら一度、院長先生に連れて行ってもらいたいなぁと思う菊地であります。

吉田デンタルクリニック 受付 菊地

カラダガとってもイタイ・・・

6月に入り、私が通っているスポーツクラブもそろりと時短で営業を再開しました。
平日の営業は夜8時までなので、仕事帰りではとても間に合わず、土曜日もお仕事の日が多いしで、運動できるのはもっぱら日曜日のため、昨日はここぞとばかりに半日ジムで過ごしました。

久しぶりのプール → 何だか浮力が増したような気がします。(脂肪がついたってこと?)
マシンで筋トレ → 手と足がプルプルしました。(マシンから降りる際、よろめきました)
そして案の定、今朝起きたら、カラダガとってもイタイ・・・ 特に足にきています。

私のお仕事のテリトリーである受付と診療室の間には1段、段差があり、日々、数えきれないくらい上がったり下りたりしているのですが、今日はその度ごとにウッと、緊張感が走ります。

4月下旬のジムの臨時休業以来、1か月半位は散歩程度しか運動していなかったので致し方ないですね。
普段使っていなかった筋肉を強制的に動かしたことで、きつかったけれど眠っていた少しばかりの筋肉を呼び覚まし、ストレスも発散でき、帰りはとっても幸せな気分になりました。
カラダとココロの健康は繋がっているんだなぁと改めて感じました。

余談ですが、ジムのインストラクターと久しぶりにお話しした際、ワクチン接種の話となり、私が接種済みであることを伝えると、運動を職業としている人は、接種後の筋肉痛などが仕事に直結するので、接種の順番が来たら仕事のスケジュールを調整せねば・・とお悩みでした。成程、そうですよね。

そういえばオリンピック選手に接種という話を少し前に報道で耳にしましたが、接種しない選手もいるそうです。ワクチン接種の副反応がいろいろと報告されていて、大会直前の大切なこの時期、筋肉痛や体調を崩すリスクのある接種を受けたくない気持ちも理解できます。(どうしてもっと早く打ってあげなかったの?)

東京オリンピックまで今日から数えて残り46日だそうです。
昨日は陸上の山縣選手が日本新を出したり、体操の内村選手が代表に内定したり嬉しいニュースが沢山ありました。

東京で日本選手の活躍を応援したい気持ちと、大会開催によりとんでもない感染爆発を招いてしまうんじゃないかという心配と、本当だったらワクワクドキドキでとっても待ち遠しいはずのこの時期、梅雨空のように気持ちがグズグズ・モヤモヤしている菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「ずぅーっと口の中に入れておきたいくらい・・・」

コロナワクチン接種で落ち着かなかった5月はあっという間に過ぎ、6月になってしまいました。
6月が終わったら1年の半分は終わったことになりますね。
来月はオリンピック狂想曲で東京はもっとバタバタしそうですし、8月が終わると1年の3分の2が終わったことになります。
コロナ禍に加えての東京オリンピック開催(本当にやるんですか???)で、今年は本当に慌しいです。

そんななか、先日、歯根破折の治療が終わったばかりの患者さんが突然お越しになりました。
ご予約もお取りしていないのにどうしたのかしら?と思ったところ、テペの歯ブラシを買いにいらしたとのことでした。

この患者さんは当院でテペの歯ブラシを気に入っていただき、ご友人に差し上げたところ、その方も気に入っていただいたようで「ずぅーっと口の中に入れておきたいくらい・・・」とのことで、わざわざご友人のために追加購入にいらして下さったのでした。優しいっ!

テペ社の歯ブラシは日本のメーカーに比べると圧倒的に知名度は低いのですが、予防歯科先進国のスウェーデン製だけあり、品質は優れていると思います。本国では歯科医院と薬局でしか購入できないそうです。

きちんと理念を持って作っているので、なかには国産品に比べ価格設定が高いな、と感じるものもありますが、歯ブラシ類は気軽に交換できるようにパッケージもシンプルにして価格を抑えています。

歯ブラシ以外にもいろいろ取り揃えていますので、ご興味があれば歯科衛生士から説明させて頂きます。私もチコっとなら受付で説明できますヨ。

吉田デンタルクリニック 受付 菊地

「院長先生に当たっちゃったりして・・・」

今日は5月最後の土曜診療日です。
先日、当院は無事にスタッフ全員の新型コロナワクチン2回目の摂取を終えました。

接種前は既に接種を終えた医療従事者の方々からいろいろと聞かされて、「3日間、高熱で起き上がれなかった」とか、「39度の高熱が出て、感染の疑いもあるので、念のためPCR検査を受けた」などなど・・

もし院長先生がそうなってしまったらいきなり診療ができなくなるので、患者さん方への連絡等も考慮し、大事を取って臨時休診させて頂きましたが、結果として大きな副反応も無く終えることができました。

私達は医療従事者のカテゴリーで接種を受けているので、会場で接種を受ける人は医療従事者ばかりなのですが、2回目の接種時、もともとの接種担当の医師以外にボランティアで接種業務に協力する医師・看護師さんも多数おられ、あ~本当に緊急事態なんだ・・・と、ひしひしと感じました。

今、一番問題になっているのは、ワクチンは届いているのに摂取する医師不足ということで、その問題を解消すべく、一部の歯科医師が既にワクチン接種業務に当たっておられます。

先日、中央区内にお住まいの患者さんとワクチン接種についてお話していて、「こちらの先生もワクチンを打つようになるんでしょうか?」というお話になりました。

「どうなるかわかりませんが、その可能性はありますよね」、とお話ししていて、その患者さんが、「私の順番になったら、院長先生に当たっちゃったりして・・・」と思わず受付で患者さんと二人、大爆笑となってしまいました。いえ、笑っている場合じゃないですよね・・・

出来るだけ早く日本国民全員、ワクチン接種ができて、安心して過ごせる日が早く来るといいですね。そうしたら、今、診療開始時の検温・手指消毒・ガラガラうがいも患者さんにお願いしなくで済むようになるかしら?寒々しい気分になるアクリルのパーティションも無くて済むかしら?

オリンピックもやるのかやらないのか、本当に迷走の極みですが、やるにしても開催期間中、ワクチン接種が中断されることなく、スムーズに進むことを切に願います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「あ 虹だ!」

昨日は土曜診療の振替休診日でご不便をお掛け致しました。
ただ、私にとっては貴重な平日のお休みでして、身体をいたわる日と決め、薬をもらったり、検診に行ったり、強風と時折強く降る雨の中、あちこち医療機関を集中的に周りました。

最後の眼科を出たのは夕方の6時半近くなっていて、とぼとぼと駅に向かいながら、「あ~、疲れた・・・」と思いつつ雨の上がった空をふと見上げたら、あ 虹だ!

虹は特に珍しくは無いとは思うのですが、お仕事の日は朝、診療室に入ったら夜まで外に出ることは滅多にないため、虹に遭遇することはまず無く、私にはちょっと非日常の風景でした。

一期一会とは言いませんが、虹ってそれほど長い時間は見えないんですね。
駅に向かう道すがら、ずっと虹を見上げていたのですが、5分後、地下鉄の駅に降りるころには虹はすっかりぼやけてしまいました。

今日も一日ご苦労さま・・と虹さんにいたわってもらった様で、何だか癒された5分間でした。

吉田デンタルクリニック 
受付 菊地

久しぶりの虫歯治療

先日、久しぶりに当院で歯科検診を受けた際、要治療箇所が2本、見つかってしまいました。
日々、歯科医院で過ごしているのに虫歯になってしまうなんて、お恥ずかしい限りです。

1本は私がこちらに入局してすぐ、2001年の3月に治療していただいたハイブリッドセラミックの詰め物が割れていること、もう一本はゴールドの詰め物をした歯で、これは当院では治療履歴が無いのでいつ治療したか不明ですが、20年以上前であることは明らかです。
両方とも上の歯で、私は上の歯の歯磨きが上手でないことが判明しました。

早速1本、治療をしていただいたのですが、先生曰く、私の歯は削ると柔らかいとのこと。患者さんによって歯の硬さが違うようで、硬い方はやはり虫歯にもなりにくいようです。
虫歯になりやすいワタクシですが、健康保険外で精密な詰め物をしたおかげか、それほど虫歯も進んでおらず、きっかり20年と20年以上もったことは、有り難いと考えるべきかもしれません。小学生の頃からゴールドの詰め物をしてくれた両親に感謝感謝です。

この問題の2本ですが、全く違和感・痛みも無く、上の歯なので見えないですし、検診を受けなければ自分では痛みが出るまで気付かなかったと思います。
歯が痛くなってからでは、「時、既に遅し」で、虫歯が神経まで到達している可能性が高く、歯の神経を抜かねばならず、そうすると歯に栄養分が行きわたらないため枯れ木状態になって歯が脆くなってしまいます。
虫歯になっても痛みが出ないので、かなり進行するまでわからないですし、歯ぎしり、噛みしめなどがあると歯根破折の道、まっしぐらです。

定期検診でいらして虫歯が見つかってしまった患者さんのなかには、「ちゃんと歯磨きしているのに・・・」と嘆く方もおられますが、ご自身での歯磨きだけではなかなか100%完璧なブラッシングとはいかないようですし、私のように歯の質が柔らかい方だと虫歯になりやすいのかもしれません。
それに検診で見つかる虫歯は初期の場合が多いため、治療もそれほど大変ではないケースが多いです。

患者さんのお嘆きは良くわかるのですが、歯も立派なカラダの一部、ある程度は体質と考え、上手く折り合いをつけて、付き合っていくしかないですよね。私はそう考えています。
虫歯予防についてでしたら、プラークコントロールのスペシャリストであるベテラン歯科衛生士が2名おりますので、検診時に遠慮なくご相談下さい。

それにしても歯を削るあのタービンの音、お仕事中は何気なく聞いていますが、いざ自分の耳元で聞くとやっぱりオソロシイですね。患者さんの気持がよ~くわかった菊地でありました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

電話が繋がらない・・・

去年に引き続き、緊急事態宣言下のGWとなりました。
私はと言いますと、例年通り、片付けと掃除の日々でした。
お天気が良かったのは有り難かったです。気持ち良~く家事が進みました。

昨日からお仕事となり、GW中に何かトラブルがあった患者さんから電話が沢山有るんだろうな、と身構えていたのですが、それほどでもなく、ちょっと拍子抜けした感じでした。
ただ、当院から患者さんに電話をかけてもずっと話し中でつながらない方が複数おられ、皆さん、今日からお仕事で携帯の回線を使ってリモートワークされているのかしら?などど勝手に思っておりましたが、ちょっとヘンだな?とは思っておりました。

夕方になり、「当院へ電話が繋がらないからメールしました」という患者さんからの問い合わせがあり、早速電話回線を調べてみたのですが、特に問題はありませんでした。
今朝、電話を頂いた患者さんは、GW中に仮歯が取れてしまったとのことだったのですが、昨日、電話が繋がらなかったと仰っておられました。やっぱり何かあったんですね。

気になって調べてみたら、ネット情報ですが、昨日はNTT東日本が東京都全域で着信制限というものをしたそうです。電話回線の利用が大幅に増加し、消防や警察などの緊急通報が繋がらなくなることを防止するための措置だそうです。

この措置ですが、どうやらワクチン接種の予約・問い合せの電話殺到が原因ではないかと言われているそうです。コロナの影響がこんなところにも出ているのですね。

こういう状況になることはずっと以前から予測がついたことですから、電話が殺到しなくてもいいように、年齢別とか、お誕生日月とかによって電話をかける人数を日によって分散して、もう少しうまくコントロールできないのかしら…なんて思ってしまいます。

昨日当院にお電話頂いた皆様、ご不便をお掛けしました。
お休みしていませんヨ。きちんと診療していましたヨ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「看護師たちの限界線〜密着 新型コロナ集中治療室〜」

今日は2021年4月28日です。
当院は明日から5月5日まで休診させて頂きますが、東京地方は昨年に引き続き、緊急事態宣言下のGWとなりました。

昨夜、4月17日に録画したNHKスペシャルの「看護師たちの限界線〜密着 新型コロナ集中治療室〜」を見ました。東京女子医大病院のICUに勤務する20代の看護師に密着取材したものです。20代の女性が仕事にこれほど重荷を背負っていることが切なくて、思わず涙が出ました。20代の女性だったらお化粧とかおしゃれに気を遣いたいでしょうに、ICUから出てマスクを外した彼女の顔の額と鼻には重たいマスクの跡が赤く痛々しく残っていました。

感染予防のため自宅に戻れず、1年以上、職場と一人暮らしのビジネスホテルを往復する日々。職場では感染予防の重装備でICUに一旦入ったら5時間以上も出てくることができず、先輩看護師はおむつをしながら仕事をしているとも。

自身も感染リスクにさらされながら患者を必死に看護し、それでも助けられない命もあり、患者の死に直面しなくてはならない。極限状態でどれだけ働いても、コロナで病院の経営状態が悪化し、給与・賞与は下がってしまう。心が折れてしまった彼女はついに退職を決意します。

何故、このような辛い仕事をするのか尋ねられると、「使命感」という答えが返ってきました。
ICUに勤務する看護師の手が足りず、妊娠8か月の看護師や、定年退職したのに戻ってきた看護師など、皆さん、「使命感」という言葉を使っていました。

何かの御縁でこのブログを読んで下さる方がおられたら、5月2日(日)午前10時5分から再放送があるようですので、番組を見て頂けると嬉しいです。
医療の逼迫が叫ばれていますが、私達にはそれがどういうことなのか、良くわかっていないように思います。「百聞は一見に如かず」です。

若者はあまりテレビを見ないそうなので、渋谷の交差点のスクリーンにこの番組を流してくれたらいいのになと思います。もしこの番組を見て下さったら、GWの過ごし方が少し変わるかもしれません。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

あのチェックアップにシトラスミント登場!

予防歯科グッズで長年お世話になっているライオンさんから本日DMが届き、チェックアップスタンダードに新しくマイルドシトラスミント味が明日、4月21日に新登場だそうです。

チェックアップの歯磨き粉は私が吉田デンタルクリニックに入局する以前より取り扱っているロングセラーの歯磨剤です。ライオンさんのパンフレットによりますと、チェックアップは発売25周年、当院が今年の4月で24周年ですから、当院の開院の1年前に発売されたようです。

チェックアップは高フッ素で味もクセが無く、その上、嬉しいお手頃価格で当院の患者さんにも長年愛用して下さっている方が多いのですが、新しい味を試してみたい方もいらっしゃると思うので、(ワタシもその一人です) 早速、明日、マイルドシトラスミントを注文してみようと思います。

それにしてもパンフレットのミントとライムを見て、あのモヒートを連想してしまうのは私だけでしょうか???
なんだか美味しそうな歯磨き剤、届くのが楽しみです!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「つまんねぇ~奴だなぁ~」(チコちゃんに叱られる!)

今日は土曜診療日であります。
良く晴れた清々しいお天気ですが、風が冷たくて寒いです。季節が戻った感じですが、既に冬のコートはクリーニングに出してしまい、色々と重ね着して出勤して参りました。

昨日の金曜日は、私の大好きな「チコちゃんに叱られる!」の放送日でした。
帰宅してから早速録画したものを見たのですが、その中に「なぜ、フランスパン[バゲット]は細長いの?」という質問がありました。

答えは「挟むだけのサンドイッチが作りやすかったから」という解答だったのですが、実は私も正解し、長いことこの番組を見ていて、初めて「つまんねぇ~奴だなぁ~」とチコちゃんに言われた気分になりました。(チコちゃんは正解を言われて悔しいと、回答者にこのように答えます。)

正解を知っていたわけではないのですが、番組を見ながら、ふと以前に書いたバゲットサンドのブログを思い出したからなのです。(ちなみにこのブログを書いたのは2017年だったのですが、この患者さんは今でも歯根破折保存治療をした前歯は無事にお使い頂いています。)

きっとこの患者さんは、院長先生の言いつけを守ってバゲットサンドは召し上がっていらっしゃらないんでしょうね。私もず~っと前歯に負担のかかる食べ物は避けるようにしています。

それにしてもフランス人は歯が強いんでしょうか。日本人だって健康な前歯であれば問題無いと思うのですが、一度、歯の神経を抜く治療を受けたら、やはり注意したほうが良いと思います。

ですので、できるだけ歯の治療はしなくて済むように日頃から心がけておくと、一生、歯を心配せず、食べたいものが食べられますヨ。「後悔先に立たず」です。
最近、ブログに故事成語の引用が多いな、と思う菊地であります。

皆様、どうぞ良い週末をお過ごしください。

吉田デンタルクリニック 受付 菊地