何故、歯根破折保存治療の前に根管治療を勧めるのか?

破折した歯の治療を希望してお出でになる方の症状は様々です。
ある患者さんは歯の根元にニキビのような隆起ができたり、腫れたりしたため歯科医院にて診てもらったところ、破折しているから抜かないといけないと宣告されてお出でになります。これは比較的多いケースです。また、他院で破折の診断が下りていなくても、ご自身で破折を疑って来院される方もいらっしゃいます。

画像等ですぐに破折が確認出来れば良いのですが、破折しているかどうか、すぐに診断がつかないグレーゾーンの場合も多くあります。
このような場合、当院ではまず、第一選択肢として根管治療をお勧めしています。

歯の中心部には空洞があり、そこは「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織で満たされています。歯根の先端にある小さな穴、「根尖孔」を通じて顎の骨の中にある神経や血管と繋がっています。

この空間のうち、歯根部分の管状の空間を「根管」といいます。この空間で細菌が繁殖して炎症を起こすと、炎症が「根尖孔」から歯根外に及び、「根尖性歯周炎」という病気を発症します。この病気を治療するのが根管治療です。歯の内側を治療するため、「歯内療法」とも呼ばれます。

治療の方法ですが、ファイルという針金状の極細のヤスリや消毒薬を用いて根管内を無菌状態にしていきます。もしヒビが入っていなければこの治療法で治りますので、敢えて再植といった外科的な処置を受ける必要がありません。
ところが同じ感染でも、根管の中を顕微鏡等で拡大して見ていく際、ヒビが認められた場合は根管治療で治療することは不可能となります。破折で生じたスペースをファイルと薬液では無菌にできないからです。

当院では根管治療専門医と連携して治療を行っておりますが、歯根破折保存治療ご希望でいらした方でも、根管治療で治療可能な方も多くいらっしゃいます。逆にヒビがあり歯内療法では治療不可能ということで、根管治療専門医から当院に破折治療でご紹介頂く場合もあります。

歯根破折保存治療は抜歯しか選択肢の無かった歯を残すことができる治療法ではありますが、一旦抜いてすぐに戻すという外科処置を伴うため、治療によって即、抜歯となるリスクがあります。これが歯根破折保存治療の最大のデメリットです。

このリスクを避けるため、まずは身体にダメージの少ない根管治療で歯の内側からアプローチしていただき、根管治療では治療不可能であることが判明したうえで、歯の外側からアプローチする歯根破折保存治療をお受け頂くのが良いかと思います。

吉田デンタルクリニック
院長 吉田 浩一

インプラントのホームケアについて

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
今回はインプラントの歯のホームケアについて、お話させていただきます。

インプラント治療は、歯の無い部位の顎の骨にインプラント体を埋め込み、その上に歯の頭の部分(義歯)を付けて、歯を補う治療方法です。
しっかり固定できるので入れ歯と比べるとよく噛める事、またブリッジのように隣の歯を削る必要が無いというメリットがあります。

ただ良いことばかりとはいかず、天然歯が歯根膜という靭帯を介して骨と結合しているのに対し、インプラント体と骨が直接結合しているため、感染に弱いという欠点があり、インプラント周囲炎という歯周病細菌の感染が起きてしまう事があります。

インプラント周囲炎は進行が早く、炎症が進むとインプラント体の撤去や、脱落してしまうこともあるため、インプラントを長く使うためにはインプラント周囲炎の予防が非常に重要です。他の治療でも同じですが、治療の終わりがゴールではなく、治療後に良い状態を保つことが重要です。そのためには歯科医院でのメインテナンスとご自身での毎日のホームケアが必要になります。

予防歯科製品のコンクールシリーズより、インプラント専用の歯磨き剤のジェルコートIPが出ています。こちらは、殺菌成分の塩酸クロルヘキシジンにより細菌感染のリスクを下げ、歯肉活性化成分のOMI加水分解コンキオリンが、歯肉の活性化に役立ちます。
また、研磨剤や発泡剤、フッ素も無配合なので、インプラントにも安心して使用していただけます。

フッ素は濃度やお口の中の状態によっては、インプラントを腐食し、プラークが付きやすくなることがありますが、ホームケア製品に含まれるフッ素濃度では、腐食するリスクはかなり低いため、残りの歯を守るためにはフッ素入り歯磨き剤の使用はお勧めです。
ただ、インプラントの周りをフッ素入りや研磨剤が入っている歯磨き剤を付けて磨くメリットがないので、できれば専用の歯磨き剤で丁寧にケアをしていただきたいです。

歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやワンタフトブラシに付けて使用する事により、細かい部分のプラーク除去や歯肉活性化を狙います。歯間ブラシに使うと、潤滑剤にもなるので、歯間ブラシが擦れる使用感が苦手な方にもお勧めです。是非、試してみて下さいね。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

あのチェックアップにシトラスミント登場!

予防歯科グッズで長年お世話になっているライオンさんから本日DMが届き、チェックアップスタンダードに新しくマイルドシトラスミント味が明日、4月21日に新登場だそうです。

チェックアップの歯磨き粉は私が吉田デンタルクリニックに入局する以前より取り扱っているロングセラーの歯磨剤です。ライオンさんのパンフレットによりますと、チェックアップは発売25周年、当院が今年の4月で24周年ですから、当院の開院の1年前に発売されたようです。

チェックアップは高フッ素で味もクセが無く、その上、嬉しいお手頃価格で当院の患者さんにも長年愛用して下さっている方が多いのですが、新しい味を試してみたい方もいらっしゃると思うので、(ワタシもその一人です) 早速、明日、マイルドシトラスミントを注文してみようと思います。

それにしてもパンフレットのミントとライムを見て、あのモヒートを連想してしまうのは私だけでしょうか???
なんだか美味しそうな歯磨き剤、届くのが楽しみです!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

根面カリエス(歯の根元の虫歯)について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
今回は根面カリエスという、歯の根元の部分にできる虫歯についてのお話です。

歯は、頭の部分の歯冠部(皆さんが毎日歯磨きする部分です)と、その下の歯の根の部分の歯根部とに分けられます。
通常、歯根部は歯肉に守られていて、目には見えないのですが、加齢や歯周病、ブラキシズム(歯ぎしり、食いしばり)などにより、歯肉が下がると、歯の根が露出してしまいます。この歯の根の部分にできる虫歯が根面カリエスです。

根面カリエスは非常に厄介な虫歯なのですが、その理由は歯の構成上にあります。
歯の歯冠部はエナメル質(その下に象牙質があります)というツルツルしたとても硬い組織でできていますが、歯根部はセメント質、象牙質という組織からできていて、表面に非常に小さな穴が空いているため、虫歯になると穴が開きやすく、神経までの距離も近いため進行も早いのです。
その結果、治療で歯の神経を取らなければいけない確率が上がったり、最悪の場合、歯が根元から折れてしまったりする事もあります。

一度下がってしまった歯肉は、基本的に元の位置まで戻る事はありませんので、露出してしまった歯根部は、常にカリエスリスクの高い状態で口腔内に存在することになります。

それではどの様にして根面カリエスを予防すれば良いのでしょうか?
歯根部は歯冠部に比べて、プラークが付着しやすく、丁寧なブラッシングが必要となってきます。毛先の品質が良い歯ブラシや歯間ブラシを使用して、軽い力で磨いて下さい。
毛先の品質の悪い歯ブラシや、強い力でのブラッシングは、歯根部が削れてしまう原因の一つですので注意が必要です。

歯磨き粉は専用の物がお勧めです。当院ではライオンのチェックアップシリーズより、ルートケアという歯磨き粉を扱っています。
このルートケアの歯磨き粉は、ジェル状で研磨剤が無配合で歯に優しい上、コーティング剤のPCAにより、露出した歯根部の象牙質表面のコラーゲンをコートしてくれます。
また、知覚過敏抑制効果のある硝酸カリウム、虫歯予防効果のあるフッ素も1450ppm入っていますので、歯肉退縮にお悩みの方、虫歯になってしまう前に是非一度、お試し下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

緊急事態宣言下でも歯は割れる・・・

最近、ブログの更新頻度が落ちているな・・・と思っている菊地であります。
気になってはいるのですが、なかなか診療の合間にブログを書く時間が取れなくて・・と言い訳(汗)させて頂きます。

ご存知のとおり、当院の位置する東京都はコロナ禍による緊急事態宣言発出下であります。
昨年の緊急事態宣言中は診療日数を減らし、患者さんの数も減りましたが、今回の緊急事態宣言は患者さんのご来院状況につきましては、通常とあまり変化が無いようです。

受付の肌感覚ですが、逆に最近、歯根破折保存治療のお問い合わせが増えているように感じます。
皆様、緊急事態宣言でストレスを抱えておられるのでしょうか・・・

歯根破折の患者さんがすぐに診てほしい欲しいという気持ちはよく理解できるのですが、当院では院長先生お一人で、全ての患者さんを拝見しており、また各患者さんの治療内容により次回の治療時間を院長先生が決め、その指示により受付がご予約をお取りする完全予約制をとっておりますので、同時に複数の患者さんは拝見できませんし、1日の患者さんの数にはおのずと限りが生じます。

初診の患者さんはそのような当院のシステムはご存知無いため、午前中に電話を頂き、“今日の午後に診てください!”(菊地の気持ち→ご予約が今週は一杯の状況なんですけど・・)とか、“そちらに行ってから治療ができないと言われると困るんです!”(菊地の気持ち→院長先生が実際に拝見しないと、治療可能かどうかはわからないですけど・・・)とか、受付が対応に苦慮するお問い合わせも多々あります。

私でもわかる範囲では出来るだけお答えするようにはしていますが、なにせ、歯科の専門教育を受けていない、ただのジムインですから、私に歯の状況を説明いただいても的確なお答えは出来かねますので、そのあたりをご了承頂きたく、お願い申し上げる次第でございます。

治療内容でご質問がある場合、当院サイトからお問い合わせフォームがございますので、そちらをご活用ください。ただ、やはり「百聞は一見に如かず」のことわざ通り、多少、先になっても(現在、平日でしたら、1~2週間程度でご予約可能です。土曜日は3週間から1か月先になります。)ご来院頂いて先生に診断頂いた方がすっきりすると思います。

当院が混んでいるなら同じ治療を行っている他院を紹介してほしいというご要望もたまにあるのですが、歯根破折治療を行っている歯科医院はおそらくどこも混んでいると思います。
宜しければ同じスタディグループ PDM21から検索頂けますのでこちらもご活用下さいませ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

好循環と悪循環

今日は土曜診療日であります。
この時期は例年通り通勤経路を変え、今日も道端の沈丁花のいい香りをクンクンしてから出勤して参った菊地であります。

土曜日もそうなのですが、昨日は短いサイクルで定期検診にお越しになる方が多く、皆さん、歯周病と虫歯のチェックを難なくこなし、クリーニングでさっぱりして、涼しい顔で次回のご予約を取ってお帰りになりました。

その中のお一人の患者さんと帰り際にお話したのですが、「定期的に専門家にみてもらうと自分では気づかなかった点もアドバイスしてもらえるし、日々の歯磨きも楽しくできる」と仰っておられました。この意識の高さ、スバラシイ!

いつも思うのですが、定期的に検診にいらしている方は、当たり前なのですが、殆ど治療になることが無いです。なぜかというと、

① 定期的に歯周病と虫歯のチェックを受けているため問題があった場合でも早期発見でき、最小限の治療で済む可能性が高い。
② 自分では取りきれない歯の汚れを歯科衛生士が取ってくれるため、口腔内の虫歯菌や歯周病菌の数を少なくできる
③ 定期的に専門家に診てもらうことにより、患者さんご自身の歯への関心が高まり。ホームケアのモチベーションが上がる
④ 定期検診に行くと、さっぱりして気持がいい!ため、定期検診で歯科医院に行くことが苦にならないので、①に戻り、その結果として口腔内の健康を長期間保つことができる

つまり、好循環ですね。

一方、歯が痛くなってからお越しになった場合

① お痛みの原因にもよりますが、麻酔の注射をして治療する可能性が高く、痛い思いをすることになる(最悪、歯を失う場合も・・・)
② 治療の期間、費用がかさむ可能性がある
③ 治療が終わっても痛い思いをしたため歯科治療に苦手感が湧き、痛くない定期検診でも歯科医院に足が向かない
④ その結果、虫歯や歯周病が進行し、痛みが出るまで歯科医院に行かないので、①に戻る

と、悪循環に陥る・・・

好循環と悪循環、最初は小さな差なのですが、時間が経つにつれ、その差は大きくなっていくそうです。
このブログを読んで下さった皆様、歯科に限らずですが、ご自身はどちらかな?とお考えいただき、できるだけ好循環にもっていき、この長寿時代の健康寿命を延ばしましょう!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

歯周病と認知症

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
前回は歯周病についてお話させていただきました。歯周病はお口の中だけでなく、様々な全身疾患にも影響を与えています。
今回は、最近テレビや新聞でも話題となっている、歯周病と認知症の一種である、アルツハイマー病の関係についてお話させていただきます。

アルツハイマー病は、脳が萎縮していく病気で、現在のところ、予防薬や根本的な治療法などは無いと言われています。症状は、記憶障害や判断力の低下から始まり、最終的には寝たきりになる場合もあります。アルツハイマー病は、認知症の60〜70%を占めると言われていて、大部分は65歳以上で発病します。
脳の萎縮は、アミロイドβなどの異常なたんぱく質が脳に蓄積される事が原因で起こります。

さて、歯周病との関係ですが、以前より歯周病は、アルツハイマー病を悪化させると言われていたものの、詳しい仕組みは明らかにされていませんでした。
しかし昨年、ついに、九州大学らの研究により、歯周病菌がアルツハイマー病の原因となるアミロイドβを増やし、脳に蓄積させるという仕組みが明らかになったのです。

歯周病菌は歯肉から血管内に侵入して、全身に運ばれるのですが、歯周病の主な原因菌の一つである、ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)は、カテプシンBという酵素を増やします。このカテプシンB酵素は、体の中ではアミロイドβを作り、脳の中ではアミロイドβの受け皿となる受容体を増やしてしまいます。その結果、脳内にアミロイドβが蓄積されてしまうのです。

先ほどお伝えした様に、脳内にアミロイドβが蓄積されると、アルツハイマー病を引き起こしますので、歯周病の治療や予防をする事で、認知症にかかるリスクを減らす事ができるのです。
今日から歯磨きが少し丁寧になるといいですね!

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

デンタルフロス VS 糸ようじ

先日、セラミックの被せ物の治療後の患者さんに歯科衛生士さんがブラッシング指導を行っている際、デンタルフロスの説明をしているのが耳に入ったので、会計時、「デンタルフロスはお持ちですか?」と伺ったところ、「糸ようじを使っています。デンタルフロスは指に巻いたりして、なんだかもったいないような気がして・・・」とのこと。ナルホド・・・ん???

患者さんは“デンタルフロスは割高”と思っていらっしゃったようなのですが、何となく腑に落ちなかった菊地は、本当にそうなのかしら?と、ちょっと調べてみました。

ネット情報ですが、糸ようじは60本入りで最安値,税込440円、1本当たり約7.3円。
ルシェロのデンタルフロスは、大きいサイズ200メートルが当院では税込1,440円、1回50センチ使用したとして400回分で1回分は3.6円、なんとコストは糸ようじの半分以下です!
ルシェロフロスの携帯用は30メートル入りで330円。200メートル入りに較べると割高ですが、それでも1回5.5円ですので、こちらも糸ようじよりは割安です。
つまりコストパフォーマンスから言えば、患者さんの認識に反し、デンタルフロスに大きく軍配が上がります。

ここから先は衛生士さん情報ですが、デンタルフロスは指を自由に動かせるため歯に沿って動かすことができ、操作性に優れています。(フロスの詳しい使い方については歯科衛生士便りをご覧ください。)
また、デンタルフロスは使用する位置をずらし、常に新しいフロスで歯間を清掃することができますが、糸ようじの場合、せいぜい2センチくらいでしょうか、その長さで全ての歯を掃除するわけですから、取れた歯の汚れが次の歯に付着しそうです。
それに歯間がきつい箇所だと上から入れた糸ようじのフロスが勢い余って歯茎にガツンと行きそうです。(以前、私は試しに糸ようじを使った際、これで痛い思いをしました。)

1回数円の違いというコスト面はともかくも、折角、時間と費用をかけて治療した歯なのですから、できるだけやり直しをせず、長く使って頂きたいと思います。
毎日、歯科衛生士さんに歯のクリーニングしてもらえるならそれに越したことはないですが、それは残念ながら現実的ではないので、ご自身でのホームケアの頑張りが非常に大切になってきます。

なんだかルシェロのフロスの押し売りのようになってしまいましたが、私も長年愛用していてとても質の良いフロスなので、是非、皆さんにも使って頂きたいです。

当院では歯ブラシ等の窓口販売品は出来るだけ価格を抑え、良いものを手軽に使って頂きたいと考えており、デンタルフロスにご興味のある方は、歯科衛生士さんから使用方法を指導させて頂きます。
まずは携帯用の30メートル入りでお試しになりませんか?丸くて可愛いですヨ!(写真はピンク色ですが、グリーンもあります。)

吉田デンタルクリニック 
受付 菊地

「また一本、歯が無くなってしまいました・・・」

先日、インプラントの定期検診にお越しになった患者さんのお話です。
この方は7年程前、当院でインプラント治療を受けられ、その後、6か月毎に検診にお越し頂いているのですが、インプラント以外の治療は紹介元の地元の歯科医院さんでなさっておられます。

この方が受付で私の顔を見るや否や、「また一本、歯が無くなってしまいました・・・」と仰いました。
えっ?前回の検診から半年しか経っていないのに何が起こったのですか?と伺ったところ、かかりつけ医から歯の根が折れて抜歯しかないと言われ、そのまま抜いてしまったとのこと・・・

ここで菊地は絶句し、「あ・・・一言ご相談頂けたら・・・ 当院ではそのような歯を抜かずに残す治療を行っているんですよ・・・」とお伝えしたものの、もう後の祭りです。

患者さんは当院でそのような治療を行っていることはご存知無く、もちろん抜きたくは無かったけれど、かかりつけ医から言われるままに抜いてしまったとのことでした。

帰り際にその患者さんが「その治療(歯根破折保存治療)を希望する方はどのようにしてこちらにいらっしゃるんですか?」と質問されたので、「皆さんインターネットで検索してお越しになります。」とお伝えしたところ、
「やっぱり自分でちゃんと調べなきゃダメですね・・・」と仰ってお帰りになりました。

きっとガッカリされておられると思うので、抜歯しなくても済む治療法があることをお伝えしないほうが良かったかな・・・と、その患者さんを見送りながら菊地はちょっと後悔しました。

ただ、院長先生のコラムにもあるように、複数の歯が破折を起こす方もおられるため、この患者さんが万一、他の歯に破折を起こした場合、このような治療法があることが頭の片隅にあれば、今度は抜かずに済むかもしれません。

信頼できるかかりつけ医がいることは良いことですが、歯科に限らず、世の中にはいろいろな治療法があると思います。自分の体ですから、もしかかりつけ医のアドバイスに納得できない場合、インターネットという有難いツールがあるので、自分で調べることも大切かもしれませんね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

歯根破折の予防について考える

日々の臨床に於いて、歯根破折の治療がその多くを占めるようになって参りました。
また、残念ながら、複数の歯に破折を起こす方もいらっしゃいます。そこで今回は歯根破折の予防について考えてみたいと思います。

歯根破折の原因には以下の2つの要因があります。
① 力を受ける「歯」の問題
② 歯に加わる「力」の問題

まずは一番目の「歯」の要因から見ていきましょう。
最も有効な対策は、できるだけ歯の神経を取らないということです。
失活歯 (神経を取り除いてある歯) は、生活歯 (神経が残っている歯) に較べ、圧倒的に破折するリスクが高くなります。やむを得ず、神経を取ってしまった場合、歯の一部の詰め物より、歯面全体を被せるクラウンで修復することで破折のリスクを軽減することができます。

また、クラウンで修復する場合、もともと神経のあったスペースにポスト、あるいはコアといわれる土台を入れますが、素材に金属を用いると、歯質との弾性係数の大きな隔たりにより、破折しやすくなると言われています。更に、ポストが短かかったり、歯質ときちんと接着していないと一段と破折しやすくなります。言い換えれば、適切な長さのグラスファイバー製のポストとプラスチックを用いたコアを、歯質としっかり接着させることにより、破折のリスクを軽減できます。

ただ、この土台部分は患者さんの目からは見えないため、きちんした治療が行われていないことが非常に多く見受けられます。これは建物を建築する際、建ててしまえば見えない土台には手抜き工事を行い、上物のみ見栄え良く建てることと同じです。
土台の治療は地味ではありますが、歯を支える屋台骨ですから、この治療には時間と費用をかけることの大切さを是非、皆様にはご理解頂きたいと思います。
また、クラウンと歯質との境から虫歯が生じると、これも破折の原因となるため、精度の高い修復物を入れていただくことが大切です。

次に二番目の歯に加わる「力」の要因です。
これをできるだけ小さくすれば破折は起こりにくくなります。
昼間、起きているときに歯が割れるほど大きな力で噛む人はまずいません。食事中に硬いものの混入等で割れてしまうのは事故であり、これを防ぐことは不可能です。

問題は夜間の就寝時に加わる「力」です。具体的には夜間就寝時の歯ぎしりあるいは噛みしめです。
歯ぎしりや噛みしめの原因は様々で、これらを取り除くことはなかなか難しいのですが、原因によっては噛み合わせの調整(咬合治療)によって可能となる場合もあります。

それ以外の場合は対症療法となり、その一つは噛みしめる筋肉の筋力を減弱するためのボツリヌス菌の注射投与ですが、もっと手軽にできる対策として「ナイトガード」の応用があります。
「ナイトガード」とは患者さんの歯の型どりを行い、作製した薄いマウスピースを上顎の歯にだけ就寝時に装着して頂くという方法です。

歯と歯の間に柔らかい樹脂が介在することにより、歯が削れたり、強大な力が一点に集中することを避けてくれます。装着してお休みになれる様であれば、非常に有効な手段となります。
これは健康保険で作製することができ、費用もそれほどかかりません。
費用対効果が大きいので、失活歯が多い方、歯ぎしり・噛みしめがある方、歯根破折を繰り返す方には是非、装着して頂くことをお勧め致します。