何故、歯根破折保存治療の前に根管治療を勧めるのか?

破折した歯の治療を希望してお出でになる方の症状は様々です。
ある患者さんは歯の根元にニキビのような隆起ができたり、腫れたりしたため歯科医院にて診てもらったところ、破折しているから抜かないといけないと宣告されてお出でになります。これは比較的多いケースです。また、他院で破折の診断が下りていなくても、ご自身で破折を疑って来院される方もいらっしゃいます。

画像等ですぐに破折が確認出来れば良いのですが、破折しているかどうか、すぐに診断がつかないグレーゾーンの場合も多くあります。
このような場合、当院ではまず、第一選択肢として根管治療をお勧めしています。

歯の中心部には空洞があり、そこは「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織で満たされています。歯根の先端にある小さな穴、「根尖孔」を通じて顎の骨の中にある神経や血管と繋がっています。

この空間のうち、歯根部分の管状の空間を「根管」といいます。この空間で細菌が繁殖して炎症を起こすと、炎症が「根尖孔」から歯根外に及び、「根尖性歯周炎」という病気を発症します。この病気を治療するのが根管治療です。歯の内側を治療するため、「歯内療法」とも呼ばれます。

治療の方法ですが、ファイルという針金状の極細のヤスリや消毒薬を用いて根管内を無菌状態にしていきます。もしヒビが入っていなければこの治療法で治りますので、敢えて再植といった外科的な処置を受ける必要がありません。
ところが同じ感染でも、根管の中を顕微鏡等で拡大して見ていく際、ヒビが認められた場合は根管治療で治療することは不可能となります。破折で生じたスペースをファイルと薬液では無菌にできないからです。

当院では根管治療専門医と連携して治療を行っておりますが、歯根破折保存治療ご希望でいらした方でも、根管治療で治療可能な方も多くいらっしゃいます。逆にヒビがあり歯内療法では治療不可能ということで、根管治療専門医から当院に破折治療でご紹介頂く場合もあります。

歯根破折保存治療は抜歯しか選択肢の無かった歯を残すことができる治療法ではありますが、一旦抜いてすぐに戻すという外科処置を伴うため、治療によって即、抜歯となるリスクがあります。これが歯根破折保存治療の最大のデメリットです。

このリスクを避けるため、まずは身体にダメージの少ない根管治療で歯の内側からアプローチしていただき、根管治療では治療不可能であることが判明したうえで、歯の外側からアプローチする歯根破折保存治療をお受け頂くのが良いかと思います。

吉田デンタルクリニック
院長 吉田 浩一

緊急事態宣言下でも歯は割れる・・・

最近、ブログの更新頻度が落ちているな・・・と思っている菊地であります。
気になってはいるのですが、なかなか診療の合間にブログを書く時間が取れなくて・・と言い訳(汗)させて頂きます。

ご存知のとおり、当院の位置する東京都はコロナ禍による緊急事態宣言発出下であります。
昨年の緊急事態宣言中は診療日数を減らし、患者さんの数も減りましたが、今回の緊急事態宣言は患者さんのご来院状況につきましては、通常とあまり変化が無いようです。

受付の肌感覚ですが、逆に最近、歯根破折保存治療のお問い合わせが増えているように感じます。
皆様、緊急事態宣言でストレスを抱えておられるのでしょうか・・・

歯根破折の患者さんがすぐに診てほしい欲しいという気持ちはよく理解できるのですが、当院では院長先生お一人で、全ての患者さんを拝見しており、また各患者さんの治療内容により次回の治療時間を院長先生が決め、その指示により受付がご予約をお取りする完全予約制をとっておりますので、同時に複数の患者さんは拝見できませんし、1日の患者さんの数にはおのずと限りが生じます。

初診の患者さんはそのような当院のシステムはご存知無いため、午前中に電話を頂き、“今日の午後に診てください!”(菊地の気持ち→ご予約が今週は一杯の状況なんですけど・・)とか、“そちらに行ってから治療ができないと言われると困るんです!”(菊地の気持ち→院長先生が実際に拝見しないと、治療可能かどうかはわからないですけど・・・)とか、受付が対応に苦慮するお問い合わせも多々あります。

私でもわかる範囲では出来るだけお答えするようにはしていますが、なにせ、歯科の専門教育を受けていない、ただのジムインですから、私に歯の状況を説明いただいても的確なお答えは出来かねますので、そのあたりをご了承頂きたく、お願い申し上げる次第でございます。

治療内容でご質問がある場合、当院サイトからお問い合わせフォームがございますので、そちらをご活用ください。ただ、やはり「百聞は一見に如かず」のことわざ通り、多少、先になっても(現在、平日でしたら、1~2週間程度でご予約可能です。土曜日は3週間から1か月先になります。)ご来院頂いて先生に診断頂いた方がすっきりすると思います。

当院が混んでいるなら同じ治療を行っている他院を紹介してほしいというご要望もたまにあるのですが、歯根破折治療を行っている歯科医院はおそらくどこも混んでいると思います。
宜しければ同じスタディグループ PDM21から検索頂けますのでこちらもご活用下さいませ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「また一本、歯が無くなってしまいました・・・」

先日、インプラントの定期検診にお越しになった患者さんのお話です。
この方は7年程前、当院でインプラント治療を受けられ、その後、6か月毎に検診にお越し頂いているのですが、インプラント以外の治療は紹介元の地元の歯科医院さんでなさっておられます。

この方が受付で私の顔を見るや否や、「また一本、歯が無くなってしまいました・・・」と仰いました。
えっ?前回の検診から半年しか経っていないのに何が起こったのですか?と伺ったところ、かかりつけ医から歯の根が折れて抜歯しかないと言われ、そのまま抜いてしまったとのこと・・・

ここで菊地は絶句し、「あ・・・一言ご相談頂けたら・・・ 当院ではそのような歯を抜かずに残す治療を行っているんですよ・・・」とお伝えしたものの、もう後の祭りです。

患者さんは当院でそのような治療を行っていることはご存知無く、もちろん抜きたくは無かったけれど、かかりつけ医から言われるままに抜いてしまったとのことでした。

帰り際にその患者さんが「その治療(歯根破折保存治療)を希望する方はどのようにしてこちらにいらっしゃるんですか?」と質問されたので、「皆さんインターネットで検索してお越しになります。」とお伝えしたところ、
「やっぱり自分でちゃんと調べなきゃダメですね・・・」と仰ってお帰りになりました。

きっとガッカリされておられると思うので、抜歯しなくても済む治療法があることをお伝えしないほうが良かったかな・・・と、その患者さんを見送りながら菊地はちょっと後悔しました。

ただ、院長先生のコラムにもあるように、複数の歯が破折を起こす方もおられるため、この患者さんが万一、他の歯に破折を起こした場合、このような治療法があることが頭の片隅にあれば、今度は抜かずに済むかもしれません。

信頼できるかかりつけ医がいることは良いことですが、歯科に限らず、世の中にはいろいろな治療法があると思います。自分の体ですから、もしかかりつけ医のアドバイスに納得できない場合、インターネットという有難いツールがあるので、自分で調べることも大切かもしれませんね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

歯根破折の予防について考える

日々の臨床に於いて、歯根破折の治療がその多くを占めるようになって参りました。
また、残念ながら、複数の歯に破折を起こす方もいらっしゃいます。そこで今回は歯根破折の予防について考えてみたいと思います。

歯根破折の原因には以下の2つの要因があります。
① 力を受ける「歯」の問題
② 歯に加わる「力」の問題

まずは一番目の「歯」の要因から見ていきましょう。
最も有効な対策は、できるだけ歯の神経を取らないということです。
失活歯 (神経を取り除いてある歯) は、生活歯 (神経が残っている歯) に較べ、圧倒的に破折するリスクが高くなります。やむを得ず、神経を取ってしまった場合、歯の一部の詰め物より、歯面全体を被せるクラウンで修復することで破折のリスクを軽減することができます。

また、クラウンで修復する場合、もともと神経のあったスペースにポスト、あるいはコアといわれる土台を入れますが、素材に金属を用いると、歯質との弾性係数の大きな隔たりにより、破折しやすくなると言われています。更に、ポストが短かかったり、歯質ときちんと接着していないと一段と破折しやすくなります。言い換えれば、適切な長さのグラスファイバー製のポストとプラスチックを用いたコアを、歯質としっかり接着させることにより、破折のリスクを軽減できます。

ただ、この土台部分は患者さんの目からは見えないため、きちんした治療が行われていないことが非常に多く見受けられます。これは建物を建築する際、建ててしまえば見えない土台には手抜き工事を行い、上物のみ見栄え良く建てることと同じです。
土台の治療は地味ではありますが、歯を支える屋台骨ですから、この治療には時間と費用をかけることの大切さを是非、皆様にはご理解頂きたいと思います。
また、クラウンと歯質との境から虫歯が生じると、これも破折の原因となるため、精度の高い修復物を入れていただくことが大切です。

次に二番目の歯に加わる「力」の要因です。
これをできるだけ小さくすれば破折は起こりにくくなります。
昼間、起きているときに歯が割れるほど大きな力で噛む人はまずいません。食事中に硬いものの混入等で割れてしまうのは事故であり、これを防ぐことは不可能です。

問題は夜間の就寝時に加わる「力」です。具体的には夜間就寝時の歯ぎしりあるいは噛みしめです。
歯ぎしりや噛みしめの原因は様々で、これらを取り除くことはなかなか難しいのですが、原因によっては噛み合わせの調整(咬合治療)によって可能となる場合もあります。

それ以外の場合は対症療法となり、その一つは噛みしめる筋肉の筋力を減弱するためのボツリヌス菌の注射投与ですが、もっと手軽にできる対策として「ナイトガード」の応用があります。
「ナイトガード」とは患者さんの歯の型どりを行い、作製した薄いマウスピースを上顎の歯にだけ就寝時に装着して頂くという方法です。

歯と歯の間に柔らかい樹脂が介在することにより、歯が削れたり、強大な力が一点に集中することを避けてくれます。装着してお休みになれる様であれば、非常に有効な手段となります。
これは健康保険で作製することができ、費用もそれほどかかりません。
費用対効果が大きいので、失活歯が多い方、歯ぎしり・噛みしめがある方、歯根破折を繰り返す方には是非、装着して頂くことをお勧め致します。

「私みたいな(歯の根が割れた)患者さんは、沢山いるんですか?」

今日は土曜診療日であります。
寒いうえに冷たい雨が降っていて、いらしていただく患者さんに申し訳ないようなお天気です。

本日、歯根破折治療のご相談でいらした患者さん、帰りがけに受付で「私みたいな(歯の根が割れた)患者さんは、沢山いるんですか?」と仰いました。

答えは「はい」です。
以前、院長先生がコラムで書いていらっしゃいましたが、「歯根破折」とはまだなじみの薄い言葉ですが、虫歯・歯周病に次ぐ3番目に多い抜歯の原因になるそうなので、院長先生が当初お考えになった以上にご相談は多く頂いております。

この患者さんも「おそらく治療を受けると思うが、一旦、持ち帰って検討する」とのことでした。確かにお正月が近いこの時期、お休み中にお餅を召し上がって固定が外れては大変なので、年明けから開始のほうが良いかもしれませんね。

この時期ではなくても抜歯になるリスクもある治療法なので、後悔無きよう、良くご検討頂ければと存じます。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

私達は“ジャガー”ではないので・・・

今日は土曜診療日であります。
昨日の金曜日、私が1週間とっても楽しみにしている「チコちゃんに叱られる!」の放送がありました。

そのなかで歯科医療従事者にとって興味深かったのが、動物のジャガーの話題です。
ジャガーは顎と牙が非常に発達していて、捉えた獲物の頭部をかみ砕いて仕留めるそうです。(放送では亀の甲羅に噛みついていました コワイ・・・)、
その力は凄まじく、既に絶滅してしまった巨大動物と闘うなら生かせた能力も、今の世の中では無用の長物・・・というようなちょっと残念な内容でした。

そこでお仕事熱心な菊地さんは、ふと、患者さんとの会話を思い出しました。
歯根破折の治療をされた方なのですが、お話ししているうちに硬いものがとてもお好きなことがわかりました。
破折治療後の経過観察中の歯に装着してある仮歯が取れていらしたのですが、グミを食べて仮歯を噛み砕いてしまったとのこと・・・
グミは避けて頂いた方が・・・(汗) とお伝えしたのですが、なんでも“噛みキング”という超硬いグミがあるそうですね。それもお好きだそうで、う~ん、歯には過酷な嗜好かも・・・

この方に限らず、受付でお話ししていると、歯根破折を起こす方はやはり硬いものがお好きな傾向にあるように感じます。あとは私のように歯の質が弱い方や、歯ぎしり・噛みしめなどで、自分で自分の歯を割ってしまう方などかな~と、あくまでも受付の感覚ですが、そのように思います。

残念ながら、人間の顎や歯はジャガーのように強靭ではありませんヨ。
歯が折れたり割れたりしても、永久歯はもう生えて来ませんヨ。
硬いものがお好きなお気持ちはわかりますが,、一生に1本の歯ですから、あまり酷使しないで、できるだけ長~く、ご自分の歯とお付き合い頂きたいなぁと思います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「こちらにたどり着くまで5軒かかりました。」

先日、初診で歯根破折保存治療のご相談にいらした患者さんが、開口一番、「こちらで5軒目なんですが・・・」と仰いました。
この方は結局、歯根破折治療ではなく、根管治療から始めてみることになり、ご自身で専門医を探すとのことでした。
患者さんの「5軒目」という言葉を耳にした受付が会計時、「あちこち歯科医院さんに行かれているようで大変ですね。」とお声をかけたところ、「歯は命ですから。」ときっぱり話されていたそうです。

これも受付情報なのですが、以前、同じ歯根破折保存治療を受けてセラミックの被せ物までなさった患者さんが、治療終了時に特に受付が尋ねたわけではないそうですが、「こちらにたどり着くまで5軒かかりました。」と仰った方がおられたそうです。
歯のために歯科医院を5軒回られて当院にいらした方が、少なくとも2人おられることを知り、歯の大切さをわかって下さる方が確実に増えていることを改めて実感させられた次第です。

私が歯根破折保存治療を手掛けるようになってから、早いもので8年近くが経過しました。
症例数も700例を超え、今ではこの治療に関連する患者さんを診ない日は無いというほどになりました。この治療を手掛けるようになって良かったこと、それは他院で抜歯といわれた歯を残すことができ、それが歯科医療の基本中の基本である「歯を保存すること」と一致していることです。

歯科大学を卒業した当時、私自身が最も興味のあったインプラント義歯、ブリッジを専門とする歯科補綴(ほてつ)学講座に大学院生として入局し、「失われた歯を取り戻すこと」から始まった歯科医師人生ですが、35年を超えて、歯科医師としての原点に立ち戻ったようで感慨深いものがあります。

本治療法をご教示頂いた故眞坂信夫先生の御遺志を継ぎ、本治療を行っている先生方と現在も月1度のオンライン勉強会を継続して行っています。

歯を大切にされている患者さん方のお力になれることは歯科医師として大変有難いことであり、自分なりに勉強・工夫を重ね、助けられる歯を増やすことができるよう、微力ながら技術の向上に努めて参ります。

吉田デンタルクリニック
院長 吉田 浩一

「やっぱり自分で探さないとダメですね。」

今週は歯根破折治療が終わり、被せ物まで当院でなさって治療が全て終了した方が多数おられました。

患者さんがお帰りになる際、「(患者さんも先生も)頑張って残した歯ですから、もうあんまり酷使しないで、大切にして上げてくださいね」とお伝えするのですが、何だか可愛いわが子を旅に出すような心持ちになります。

その中のお一人が、「やっぱり自分で探さなきゃダメですね。地元の歯医者の言うとおりにしていたら、今頃、この歯は無かったですよ。」としみじみと仰いました。

先生によって診療方針は様々だと思うので、どれが正しいかはわかりませんが、かかりつけ医であっても、その先生の方針にもし納得がいかなければ、自分で勉強して他の先生を
探すのも一つの選択肢かもしれません。

当院に歯根破折治療のご相談にいらっしゃる方は、かかりつけ医では抜歯してインプラントしかないと言われたが、抜きたくないので何とか残せないものか?とインターネットで検索し、当院にたどり着いたとおっしゃいます。

いつも思うのですが、「本当は抜きたくないけれど、歯医者にそう言われたんなら、仕方ないな・・・」と諦めて抜いてしまった方のほうがずっと多いのではないでしょうか。
積極的に自分で調べるか否かで、歯が残るか、残らないかの分かれ道になるのかもしれません。(ちょっと大げさですね・・・)

良くも悪しくもネットで簡単に情報が入手できる時代です。
歯に限らず、自分の体のことは自分で納得して治療を受けたいではないですか!
ご自身の体を大切になさって、できるだけ自分の歯を残したい!という患者さん方の熱意には本当に頭が下がります。
患者さんに教えられることが多いな、としみじみ思いますし、患者さんに「ありがとうございました」と最後におっしゃっていただける受付職は本当に役得ですね!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

天野篤先生の教え

先日、私が所属しているインプラントに関する勉強会、Club22(22はインプラントの素材であるチタンの原子番号)の勉強会が開催されました。勉強会ではいつもどなたか外来の講師をお招きし、特別講演をしていただくのが恒例となっています。今回の講師は上皇陛下の心臓手術を担当されたことで有名な順天堂大学教授の天野篤先生でした。

以前、私は天野先生の著書を拝読したことがあり、講演の内容は既に知っていることも多く、スムーズに頭の中に入ってきました。医師としての考え方やキャリアの積み上げ方など、これからの私にとって進むべき道を考えさせられる内容が多かったのですが、その中で特に最近、私自身が考えていることと合致するお話があり、非常に共感を覚えました。

それは、「同じ結果が出せるなら、仕事はスピーディーな方が良い」ということです。

治療時間が短縮されることにより、患者さんの身体的な負担も軽くなりますし、限られた診療時間内に、より多くの患者さんを治療できるようになります。奇しくも先日、「先生は手が早いですね!」との患者さんのコメントを受付がブログで書いておりました。

以前の私は、各患者さんに十分(過ぎる)時間をとり、ゆったりと仕事をしていました。その方が良い仕事ができると考えていたからです。ところが、最近は歯根破折保存治療を希望される患者さんが増え、患者さんにとっては、抜歯か否かの瀬戸際ですので、少しでも早く診てほしいとキャンセル待ちをされているような状況です。歯科医師1名体制の当院の許容を超える状態となり、これではダメだと考えるようになりました。

「患者さんのご希望に沿うためにはどうしたらよいか?」、自分自身に喝を入れて意識を変え、術式も工夫し、以前の3分の2の時間で処置を行うことができるようになりました。
このようにお話すると、ブログの患者さんのお言葉ではありませんが、手抜きでは?とお感じになる方もおられるかもしれませんが、術式の変更前後で得られる結果には変わりはありません。

ただ、このシステムを遂行していくためには治療前の準備と治療後の整理が必須となります。準備は前日の診療終了後に始まり、翌日の全ての患者さんの治療内容を確認し、頭の中でシミュレーションを行い、効率的な手順を検討します。翌日の治療時に手や頭が働かないような無駄な時間を作らないように集中し、診療終了後は限られた時間内に記録できなかった内容をカルテに記載していきます。ここまでやって1日の診療が終了です。

世の中では働き方改革が叫ばれ、当院でもスタッフにはなるべく残業を減らし、自分の時間を確保するように指導しているのですが、わが身を顧みると、全く世の流れに逆行しているようです。
神の手を持つ天野先生だったらもっと効率的に仕事ができると思うのですが、私は凡人なので、同じようには参りませんね。それでも来年からは更なる効率化を図り、診療室での滞在時間を多少なりとも短縮していきたいものです。

「残しても仕方が無いような歯?」

歯根破折保存治療が終了し、無事、歯がくっついてくれたことを確認し、最終的な被せ物が終了された患者さんのお話です。

この方は遠方からの通院となるため、治療開始前にまず当院のお問い合わせフォームで院長先生に問い合わせをなさったそうです。
近隣の歯科医院さんでは「残しても仕方が無いような歯!」と言われてショックを受けたそうですが、院長先生から残せる可能性があるという返信があり、思い切って新幹線でいらしたとのこと。

この方の場合、ご両親様が殆ど歯が残っておらず、義歯をお使いで、ご自身の歯の有難味を良くお分かりのようで、「残せる可能性があるなら行ってみれば?」と後押しされて当院にお越しになりました。

歯根破折治療のみでしたら3回で終了しますので患者さんとそれほどお話しする機会が無いのですが、被せ物までなさる方は、数か月通院いただくことになります。
自然とお話しする機会も増え、無事、治療が終了したときには、患者さんはもちろんのこと、私自身も同じ治療を受けているため、職務を忘れ、自分のことのようにとても嬉しくなってしまいます。

「残しても仕方が無いような歯!」と言われてしまった歯を、歯として機能する状態で残せたことは、遠方から通院して下さった患者さんのことを思うと、本当に本当に良かったなと思います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地