コロナ禍でのホームケア その⑤ 歯と歯の間のお掃除について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
皆さんは、歯と歯の間から虫歯や、歯肉の腫れが進んでいると、言われた事はありませんか?
今回は虫歯や歯周病になりやすい、歯間部(歯と歯の間)をお掃除する道具である、デンタルフロスと歯間ブラシについてお話させていただきます。

歯ブラシだけの歯磨きでは、歯間部に汚れが残りやすく、60%程のプラーク(歯垢)しか除去ができないといわれています。つまり、歯ブラシのみの歯磨きですと、丁寧に時間をかけて磨いていても、歯間部には40%のプラークは残っているのです。
デンタルフロスや歯間ブラシを併用する事によって、80〜90%までプラーク除去をする事ができます。

「デンタルフロスと歯間ブラシのどちらを使用するのか?」、これはよく頂くご質問です。基本的には、歯間部の隙間が小さい方や前歯に対しては、デンタルフロスを使用し、歯間部の隙間がある方(間の根元に食べ物がつまる方)に対してはデンタルフロスと歯間ブラシの併用をお勧めいたします。
また、ブリッジ(橋渡しの被せ物)にはデンタルフロスが入りませんので、歯間ブラシの使用は必須となります。

それぞれの使い方を説明していきます。
・デンタルフロス
繊維の束が連なっている糸状の物です。繊維が細かく、数が多い物を選びましょう。
歯間部の上からノコギリの様に動かし、歯と歯の接触点を通過させます。
その後、手前の歯の根元にフロスを沿わせて上下に2、3回フロスを動かし、プラークをフロスに絡めて取ります。その後、奥側の歯にも同様に歯の根元の面を磨きましょう。少し歯肉の中にフロスを入れるのがポイントです。プラークが取れたら、再度、ノコギリの様に動かしながら、歯間部からフロスを取り出します。

・歯間ブラシ
ナイロン毛のブラシを選びましょう。
一般的なL字型の歯間ブラシの場合、執筆状(ペン持ち)に持ち、歯と歯の間に真横からブラシを入れ、ブラシの方向に優しく数回動かして使いましょう。歯肉を傷つけない様に少しだけ角度を斜め上(歯の噛む面の方向)に向かって入れるのがポイントです。歯の隙間に合わせてブラシ太さのサイズを選ぶのが大切ですが、入れる時にスッと入り、動かした時にきつくないサイズを選びましょう。

デンタルフロスも歯間ブラシも様々なタイプがありますので、迷われた際には是非ご相談下さい。

さて、5回に渡ってご紹介しました”コロナ禍でのホームケア”は、今回が最終回となります。
生活習慣がガラっと変わり、お口の中が不安定になっている方も多くいらっしゃいます。毎日のご自身のケアで、お口の中を守ってあげて下さい。また、来院頂ける様でしたら、3〜6ヶ月に一度は定期検診にいらっしゃって下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

コロナ禍でのホームケア その④ 洗口液について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
前回は舌のお掃除についてお話させていただきました。今回は更に口腔内の環境を整えるべく、洗口液の活用についてお話させて頂きます。

まず洗口液の効果・効能についてですが、化粧品に分類される物は、お口の中を浄化し口臭を予防します。
医薬部外品に分類されるものには、上記の効果・効能に加えて、虫歯の予防、歯肉炎の予防、歯石沈着の予防などの効果・効能があります。(各薬用成分により異なります。)
使用する場合には、お悩み別に医薬部外品の中から選んでいただきたいのですが、主な目的は、口腔内を殺菌するために使用する、という事です。

いつもお話している様に、虫歯歯周病は細菌感染症です。お口の中には沢山の細菌がいますが、その中に虫歯・歯周病菌も常在しています。虫歯や歯周病が再発症するのは、その為です。

しかしお口の中の8割の菌は、日和見菌といわれる良くも悪くも働かない菌なので、常に悪さをしている訳ではありませんが、日和見菌は悪い菌の勢力が強くなると、味方をしてしまうので、細菌バランスが乱れ、歯科疾患に罹りやすくなります。これはマイクロバイアル・シフト(悪い口腔内細菌が力を増し、病原性が高くなる事)と呼ばれ、今、予防歯科ではマイクロバイアル・シフトを起させないという事が大切だといわれています。

ブラッシングは上手くできているのに、虫歯や歯周病になりやすい、進行しやすいという方は、洗口液を活用してみて下さいね。

虫歯になりやすい方へのオススメ
・ウェルテック コンクールF (25〜50mlのお水に5〜10滴垂らし、ブクブクうがい)
・ライオン チェックアップ フッ化ナトリウム洗口液0.1% (付属のキャップで10ml計量し、30秒ブクブクうがい)

夜の歯磨き後にコンクールFを使用し、その後チェックアップを使用して下さい。
(効果が気になる方は、コンクールFの使用後1時間ほど空けて、チェックアップを使用して下さい。)

歯周病や口臭が気になる方へのオススメ
・ウェルテック コンクールF
虫歯になりやすい方同様、夜の歯磨き後にコンクールFを使用して下さい。

どちらの洗口液も飲み込まずに、必ず吐き出して下さい。
コンクールFは、必ず希釈して使用する事、またグルコン酸クロルヘキシジンアレルギーの方はご使用をお控え下さい。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

コロナ禍でのホームケア その③ 舌のお掃除について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
前回は、ブラッシングについてお話しさせていただきました。
ブラッシングは口腔ケアのメインですので、とても重要ですが、虫歯菌や歯周病菌は、歯だけでなく舌や粘膜にも潜んでいるのを皆さんはご存知でしょうか?

特に舌苔(舌の汚れ)は、お口の中の清潔度を表すと言われており、古くなった粘膜や食べ物のカスなどの汚れが付着してできたもので、細菌の温床になっています。
歯だけでなくお口の中全体を綺麗に保つ事が、お口の中や全身の健康のために重要なのです。そこで今回は舌の汚れの舌苔のお掃除についてお話ししていきますね。

まずタイミングですが、夜、就寝間に細菌は増えるので、朝、起床後のブラッシングの後に行うのがお勧めです。専用のクリーナーを使用するか、ガーゼを指に巻いて行います。

舌をベーっと思い切り前に出して、舌の奥から手前に動かして汚れを取っていきます。
舌を前に出す事で、清掃時の嘔吐反射(お口の奥を触ると、気持ち悪くなる、吐きそうになる事)を防ぐ事ができます。
注意点は、舌はとてもデリケートなので、力を入れない事、何度もこすらない事です。
1日1回を目安に、鏡を見ながら優しく行いましょう。

当院では歯ブラシと同じ、Tepe社から出ているタングクリーナー(舌クリーナー)を取り扱っています。

こちらの特徴は、
・色のついたヘラになっていて、白い舌苔が目視しやすい。
・ヘラが大きく、3列のクリーニング面があり、一回のストロークで充分な効果“トリプルエフェクト”が得られる。
・両面を使える様になっていて、しっかり取りたい時は丸く出ている面、優しく取りたい時には平面と、使い分けができる。
・ブラシタイプと比べて、綺麗に洗い流せるので清潔に保て、無くさない限り一生使える。お手入れには、食器洗い洗剤も使用できます。

・地球に優しい再生可能なサトウキビ由来のバイオプラスティック素材で、CO2の排出を95%リサイクルさせる事が可能で、地球温暖化の主な原因と言われている、温室効果ガス排出への影響がほとんど無い、環境に優しいサスティナブルなクリーナーです。

実際に私も使用してみて、作りがしっかりしているので、動かす時の安定の良さを感じますし、使用感も良く、Tepe社の製品は本当に優秀だなと感じました。

歯ブラシ立てに並べていますが、目立つので朝寝ぼけていても、使うのを忘れないのも良い点です。
患者さんにご紹介すると、「他のクリーナーを持っているが、こちらの方が良さそう!使いたいです。」という方も何名かいらっしゃいました。
お色はグリーンとピンクの2色からお選びいただけます。お値段は1本¥700(税込)で販売していますので、一生使えるかと思うとお値打ち品ですね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

 コロナ禍でのホームケア その② ブラッシングのコツ

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
前回は歯ブラシの選び方についてお話しましたので、今回は実際のブラッシングについてお話していきますね。

まずは、歯肉が健康な方のブラッシング法です。
(ブラッシング時に出血が無い、定期検診時の歯周病検査で出血が無い方)
・スクラビング法 
歯の表側(頬側)は、歯ブラシを歯に対し、直角に当て、細かく左右に動かします。
歯の根元を磨く際には、歯ブラシのヘッドを歯肉よりに傾けて毛先を当てます。また、歯の内側(舌側)を磨く際には、ヘッドを根元方向に45°傾けて毛先を当てましょう。
歯ブラシはペンを持つ様に持ち(ペングリップ)、大きく動かしたり、脇が開いたりしない様に、注意しましょう。

次に、歯肉に炎症のある方のブラッシング法です。
(ブラッシング時や歯周病検査時に出血がある、歯肉がブヨブヨしている方)
・バス法 
歯ブラシを根元方向に45°傾け、歯と歯肉の境に当て、細かく左右に動かします。
歯ブラシはスクラビング法と同様にペングリップで持ち、毛先を歯肉に押し付けない様に注意して磨きましょう。

ブラッシング法は他にも複数ありますが、今回は簡単にすぐ実践できる方法をご紹介しました。ご自身のお口の中や歯の並びによって部分的に磨き方を変えたり、いくつかのブラッシング法を取り入れたりする必要があります。ご興味のある方は、定期検診時にアドバイスさせていただきますので、是非お申し付け下さい。

ブラッシングをする際、とても大切なことは、歯を磨く順番を決めることです。
意識せず磨いていると、苦手な部分にはいつも歯ブラシが当たらず、汚れが溜まりがちです。順番を決めて磨いて頂き、ブラッシング後に、舌で歯の表面を触ってツルツルになっていることを確認することにより、磨き残しを減らすことができます。
歯の表面がザラザラしていると汚れが落ちていない可能性が高いので、追加でブラッシングをして下さい。また、歯と歯の間のプラークが残りますので、デンタルフロスや歯間ブラシを併用しましょう。

次回は、虫歯菌や歯周病菌の温床となる、舌の汚れを取る方法についてお話していきますね。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

コロナ禍でのホームケア その① 歯ブラシの選び方について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
コロナ禍の現在、皆さま、どの様にお過ごしでしょうか?
当院には遠方から通院される方も多く、定期検診をなかなか受診できず、いつもより間隔が空いてしまい心配、という患者さんのお声も届いています。

いつもお伝えしているように、お口の中の健康は、全身の健康を保つためにはとても重要です。毎日のホームケアを徹底し、定期検診の間隔が延びてしまっても、悪化する事の無いよう、今回より数回にわたってホームケア時に気をつける点をお話していきますね。

初回は、歯ブラシのお話です。
まずは、歯ブラシの選び方です。自分にはどんな物が合っているのか?これは本当にその方のお口の中によって変わってきますので、やはり診察の際にアドバイスさせていただきたいです。
ただ、共通して言えることは、歯ブラシの毛先の処理が良い物や、ヘッドの先が細くなっている物を選んでいただきたいということです。

歯と歯の間や、歯の根元に残るプラーク(歯垢)は、虫歯や歯周病の原因になります。この細かい部分のプラークを除去することがとても大切なのですが、毛先の処理が甘い歯ブラシで磨くと、歯肉退縮(歯肉が下がってしまう)や歯肉の傷、歯の根元が削れてしまうというトラブルの原因となります。
歯肉退縮や歯の根元が削れると、露出した歯の表面から虫歯になったり、歯が割れたりする事もあるのです。ヘッドの先が小さい物は、一番奥の歯を磨く時に毛先が当たりやすいのでお勧めです。

当院では予防歯科の先進国であるスゥエーデンのTepe(テペ)社というブランドの歯ブラシをお勧めしています。今まで使った事が無いという方にご紹介すると「もう他の歯ブラシは使えない!」と仰る方も多く、実際に私も使用していて、毛質の良さを実感しています。

次に歯ブラシの交換時期ですが、よく言われているのが、歯ブラシを裏側から見て、歯ブラシの柄から外側に毛先が拡がっていたら交換をしましょうという目安です。
実はこれはちょっと危険でして、ブラッシングが上手な方は、数ヶ月使用しても毛先が開かないのです。しかし、顕微鏡で見てみると、毛先は摩耗し、清掃効果がかなり低くなっているそうです。
せっかく丁寧にブラッシングをしても、プラークを除去できなければ意味がありません。また衛生面からも、毛先が開いていなくても1ヶ月に一度は歯ブラシを交換することをお勧めします。

歯ブラシは消耗品ですので、ヘッドの大きさ等は色々使いくらべて、お気に入りの一本を見つけてみて下さいね。

次回はブラッシングのコツについてお話させて頂きます。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

牛乳パワーで虫歯予防

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
先日、友人と連絡を取っていたときの事です。
友人から「牛乳はカルシウムだから、歯磨きした後に飲んで寝れば、歯の強化になるよね?」
と聞かれたのです。
私は考えた事も無い意外な考え方に驚き「えええ?それは危険!」と慌てて答えました。どうしてだか皆さんはお分かりでしょうか?

牛乳には乳糖という糖質が含まれています。乳糖は砂糖ほどではありませんが、虫歯菌によって歯を溶かす酸が作られます。更に就寝時には、唾液の分泌量が減りますので、プラークを洗い流してくれる唾液の自浄作用も弱まり、細菌が増殖し、虫歯になりやすい環境となるのです。
そのため、歯磨き後に牛乳を飲みそのまま寝てしまうと、虫歯の予防どころか、虫歯ができるリスクがかなり上がってしまうのです。恐ろしいですね。

しかし、その一方で牛乳は歯を強くし、虫歯予防に役立つのも事実です。
牛乳にはカゼインといわれる成分があり、酸性に傾いていた口腔内のPH(酸性・中性・アルカリ性の液性)を正常値まで戻す作用があります。また、歯のエナメル質が、リンやカルシウムを取り込みやすくし、歯の再石灰化を促進して、再石灰化した部分の酸に対する抵抗力を高めてくれるのです。さらには、歯の表面に吸着して保護する役割や、虫歯菌の付着を抑制するという報告もあるそうです。

特に甘い物を食べた後に牛乳を飲むと、お口の中を中和してくれますので、急激に酸性になるのを防ぎ、歯が酸から受けるダメージを減らす事ができます。
カゼインの虫歯予防効果を高めるために、人工的に作り出した物質が、CPP–ACP(カゼインホスホペプチド–非結晶リン酸カルシウム複合体)です。「リカルデント」という商品名を皆さんもご存知では無いでしょうか?
当院でもCPP-ACPの含まれた、「MIペースト」という製品を取り扱っております。
歯磨き粉の様なクリームペースト状で、イチゴやミント等のフレーバーで香りも良いため、使いやすいペーストです。

効果的な使用方法は次の通りです。
歯磨きの後に歯ブラシを使い、歯の表面にMIペーストを塗布します。そのまま3分程度浸透させた後に、お口をお水でゆすいで下さい。
簡単に、しかも美味しい香りで、歯を守れるのは嬉しいですね!是非お試しになって下さい。

なお、MIペーストは、牛乳成分由来のため、牛乳アレルギーの方はご使用をお控え下さい。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

マスクの下で硬くなっていませんか?

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
先日、テレビを見ていた時の事です。モノマネ芸人のコロッケさんが画面にアップになり、私の目は釘付けになりました。
口角の位置がかなり上の方まで上がっていて、三日月の様な口をしているのです。
とても面白く、大爆笑をすると同時に、よく鍛えられた口周りの筋肉に驚きました。

顔には表情筋という皮膚を動かしている筋肉があります。表情筋は顔面筋とも呼ばれ、口や目や鼻や耳を動かして匂いや音の方向を知る役割や、喜怒哀楽の表情を作り出します。
お口の周り、特に口角部には多くの表情筋があり、口唇を作り動かす口輪筋、上唇を持ち上げる上唇鼻翼挙筋や上唇挙筋、口角を上げる筋肉の小頬骨筋や大頬骨筋、頬を作る頬筋などがあります。

他の一般的な筋肉は、骨と骨とを結んで関節を動かしていますが、表情筋は、骨と皮膚とを結び、皮膚を支えていますので、この表情筋が衰えると、表情が硬くなったり、皮膚のたるみやシワの原因となったりとするのです。
筋肉ですので、トレーニングで鍛える事ができます。私がお勧めしているのは、食事の際によく噛む事です。

食事中は、お口周りの筋肉が複雑に動き、様々な筋肉が鍛えられます。また、筋肉とは直接関係はありませんが、唾液の分泌も良くなるので虫歯や歯周病予防に繋がったり、食べ物が消化しやすくなる事で、胃腸での消化吸収が促進され、消化器官の負担が軽くなり身体にも良い影響を与えたりします。
意識するだけで簡単にできますので、お食事の際は一口30回を目安に噛んで下さいね。

外出にはマスクが必須となり、会話をする際も小声でと、新しい生活様式に少しずつ慣れてきましたが、顔の筋肉が硬くなっていませんか?

口角が上がった表情は、周りの人に魅力的な印象を与えます。また、笑顔で過ごす事で自分自身もポジティブになり、精神的にも安定しやすくなると言われています。
大変な時期ですが、心穏やかに保ち、心身共に健康に過ごしていきましょう。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

唾液の力(ドライマウスとは?)

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
口腔内を潤してくれている唾液、「ツバ」と呼ばれ、汚い物として扱われますので、あまり良いイメージが無いと思いますが、唾液には優れた力があり、私達の健康を保つのに役立っている事をご存知でしょうか?
今日は陰の立役者である唾液についてお話させていただきます。

唾液は、口腔内の分泌液で、唾液腺から分泌されます。
成分の99%が水分で、水、電解質、粘液、酵素からなります。健康な成人で1日に1〜1.5リットルを分泌すると言われています。

口腔内にもたらす作用としては、
・口腔粘膜の保護 タンパク質の一種であるムチンが各種の刺激から粘膜を保護してくれます。
・のみ込みやすくする 食べ物を湿らせ、細かく砕きやすくし、のみ込みやすくします。
・自浄作用 食べかすなどを洗い流してくれます。
・抗菌作用 リゾチーム、ラクトフェリン、ヒスタミン、ペルオキシターゼ、免疫グロブリンIgAなど、10種類以上の酵素や抗菌物質による抗菌作用があります。
・消化作用 消化酵素のアミラーゼがデンプンを分解して消化しやすくします。
・pH緩衝作用 重炭酸塩やリン酸塩により、飲食後、酸性に傾いたpHを中和させます(酸性に傾くと歯が溶けます。)。
・再石灰化作用 リンやカルシウムがエナメル質を修復してくれます。
・溶解、味覚作用 食べ物が唾液と混ざることにより、脳に情報が届き、味を感じることができます。
この様にたくさんの働きをしています。

唾液の分泌量が低下すると、ドライマウス(口腔内乾燥症)となり、唾液の作用が働かず
舌の痛みや、口臭などの症状に悩まされ、虫歯や歯周病を含めた感染症にも罹りやすくなるなど、色々なトラブルを引き起こします。
ドライマウスの原因はさまざまで、薬剤の副作用、全身疾患、加齢など自身でコントロールできないものから、ストレス、喫煙、食生活、過度のアルコール飲用、口呼吸など改善できるものもあります。

現代病の一つであるドライマウスは、罹患している人が増え続けているそうです。難病のシェーグレン症候群の症状でもあり、誤嚥性肺炎などの全身疾患の原因になる可能性があります。お口の中だけの問題と考えず、気になる方はご相談くださいね。

歯科衛生士 児嶋

義歯(入れ歯)の取り扱いについて

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
失われた歯を補う治療として、入れ歯を使用されている方も多くいらっしゃると思います。
入れ歯は義歯(ギシ)の中の一つで、一般的に義歯というと、入れ歯を指しますので、今回は統一して、義歯と呼びますね。
義歯は、間違ったお手入れや、不衛生なまま使用してしまうと、義歯だけでなく、ご自身の歯自体の寿命を短くしてしまう事があります。
洗浄方法をご存知無い方もいらっしゃると思いますので、今回は義歯の取り扱いについてお話していきます。

まずは、使い始めですが、義歯の調整が必要になります。強く当たるところは痛みが出るので削るのですが、削りすぎたり、必要ない部分を削ると、ゆるくなったり、安定が悪くなります。少しずつ調整をしていきます。その為、何度か来院が必要になることがあります。
次に食事ですが、初日から何でも食べられる訳ではなく、食べやすい物から少しずつ訓練し、慣れていく必要があります。ここで使えないと諦めてしまう方もいらっしゃいますが、
面積の大きい入れ歯ほど、使いこなすまでに期間がかかりますので、急に使おうとせずに、毎日使用時間を少しずつ増やしていきましょう。
義手や義足なども初日から使いこなせる人はなかなかいらっしゃらないですよね。
総義歯(総入れ歯)の場合、前歯で咬むと外れやすいので、奥歯で咬む事を心掛けて下さい。

お手入れですが、毎食後に義歯を外し、流水下で専用のブラシを使用して磨きましょう。
クラスプ(金属のバネ)周りや、入れ歯のふち、凹凸部には汚れが残りやすいので丁寧に磨いて下さいね。一日一回は義歯洗浄液に浸けて清掃すると清潔に保てます。

義歯の性質上、歯磨き粉を使用すると、研磨剤により表面に傷が付き不衛生になります。
口腔内に装着したまま、ご自身の歯と同じ様に磨かないようにして下さい。また、熱湯は義歯が変形しますので、使用しないで下さい。

お口の中は、日々変化をしています。長く使用している義歯でも調整が必要な場合があります。定期検診の際に洗浄とチェックをしますので、必ずお持ちくださいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

お薬が与える口腔内への影響について(歯科治療と内服薬)

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
今回は歯科治療と内服薬のお話です。

人間にとって、お口は食べ物が身体に入っていく過程での最初の消化器であり、身体と口腔内はお互いに影響を及ぼしあっています。

持病や常用薬によっては歯肉から出血しやすくなったり、腫れやすくなる事があるのを皆さんはご存知でしょうか?
丁寧に時間をかけて歯を磨いているのに出血する、歯肉がブヨブヨしている、こんな事はありませんか?歯肉と睨めっこをしていても解決しませんので、一度、歯から離れてみましょう。

原因はお口の中以外にあるかもしれません。
私が定期検診を担当している患者さんのお話です。
最初に拝見した際に歯肉全体に腫れがあり、プラークコントロール(ブラッシングで歯垢を除去すること)が不十分でした。
まずは口腔内の環境を整える事が大切だと思いましたので、検診とクリーニングやブラッシング指導を受けていただく為に、定期的な来院をお願いしました。

熱心にブラッシングに取り組んで下さった結果、以前に比べてプラークコントロールは良くなりました。ただ、歯肉のプクプク感は取れず、単純な歯肉炎以外の原因が考えられました。

改めてお身体や常用薬について伺うと、初診時には服用していなかったので、問診票には記入されていなかったけれども、現在では歯肉が出血しやすくなる薬を服用されている事がわかったのです。

口腔内に影響を与える主なお薬としては、カルシウム拮抗剤(降圧剤)、フェニトイン(抗てんかん剤)、シクロスポリン(免疫抑制剤)、ワーファリン(抗凝固薬)、骨粗しょう症薬、抗うつ薬や抗精神病薬など様々なものがあります。
症状としては、口腔内の乾燥や歯肉の増殖・出血などが挙げられます。また抜歯や手術の際には、注意が必要となるお薬もあり、薬の種類によってば休薬をお願いする場合もあります。

リスクがある方には定期検診の間隔の調整や、ホームケアの強化や清掃器具を変更する事がありますし、治療では、医科との連携、治療内容や時期の検討も必要となります。

もちろん、外科処置が必要な際には、事前に必ずこちらから確認をしていますが、常用薬やお身体に変化があった場合には、必ず診療前にお申し出ください。
また、歯科治療の支障になるからと、自己判断による服用中断は大変危険ですので、必ず主治医にご相談下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋