マスクの下の口呼吸に要注意!

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
皆さんはマスクの下で口がポカーンと開いてしまっていることはありませんか?
マスクを着用していると息苦しく感じ、口呼吸(お口で息をすること)になりやすいのですが、
この口呼吸は、お口の中や身体に悪影響を与えている事をご存知でしょうか?
今回は口呼吸による悪い影響をお話していきます。お口をキュッと閉じて読み進めましょう。

まずはお口の中への影響をお話していきますね。
口呼吸をしているとお口の中が乾燥するので細菌が増殖してしまいます。
虫歯や歯周病菌も増殖しますので、当然、虫歯や歯周病のリスクは高くなり、口臭の原因にもなります。
そして、歯の表面が乾燥すると汚れが付くので、歯が黄ばみやステイン(着色)も付きやすくなります。
また常に口呼吸をしていると歯並びにも影響が出て、出っ歯や受け口になることもあります。

次にお口の中以外に与える影響ですが、
口から吸った空気は細菌やウイルスをそのまま吸ってしまい体内に取り込むことになるので、風邪や感染症などに罹りやすくやります。
鼻呼吸をすると、鼻がフィルターの役割となり異物を除去してくれるので、体調管理のためにも鼻呼吸を意識して行いましょう。
更に口呼吸をしていると、お口周りの筋肉が緩んできて、顔のたるみや二重顎の原因にもなってしまうのです。恐ろしいですね。
さて、皆さん今お口は閉じていますか?
スマホに熱中している時も下を向いている事が多く、口呼吸になりやすいのでお気をつけ下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 兒嶋

甘い飲み物が原因で初期虫歯が!

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
コロナ禍の影響で、歯科医院での定期検診がなかなか受けられない方や、生活スタイルが大きく変わった方が多いかと存じます。
今回は、そんな中、久しぶりに定期検診にお出でになり、初期虫歯が何本もできていた方のお話です。
(ちなみに初期虫歯とは、歯の表面からミネラル分が溶け出した脱灰状態で、虫歯となる一歩手前のことを指します。)

歯のクリーニングを終え、汚れを取り除いた状態で改めてお口の中を拝見すると、上の前歯の根元の部分が何本も白く濁ってしまっていたのです。この歯の白濁は、初期虫歯の特徴の一つなので、生活習慣に変化が無かったかを尋ね、質問を進めてみると、お仕事が“在宅勤務となり、ほぼ一日中、砂糖入りのカフェラテを飲んでいる”との事が判明しました。

砂糖の入りの飲食物を常時摂っていると、お口の中は長い時間、酸性になり、歯は溶けて虫歯になります。このままの食生活を続けていると、もっと沢山の歯が虫歯になってしまいます。恐ろしいですね。

ご本人には、砂糖入りのカフェラテが原因で、何本もの歯が虫歯になりかけているとお伝えし、おやつと同じように時間を決めて摂ってもらうようにお願いしました。
お話した後に“飲み物でも虫歯になるのですね?”と驚いてらっしゃったので、砂糖入りの飲物が虫歯の原因になる事を、まだまだご存知でない方もいらっしゃるのでは?と思い、このコラムを書かせていただきました。

初期虫歯は、歯の再石灰化により、歯を削らずに改善することがあります。
歯の再石灰化は、正しい食生活とブラッシングを基本に、フッ素やリカルデントの活用により促進する事ができます。歯磨き粉などで取り入れましょう。
唾液を出すことも大切です。口呼吸はお口の中が乾燥しますので、長いマスク生活で口呼吸になっている方は、鼻呼吸を意識して下さいね。

またこの時期、熱中症対策として経口補水液やスポーツドリンクなどのイオン飲料を飲む機会も多いと思います。このイオン飲料には、塩分と糖分が含まれており、砂糖不使用と記載があっても、ブドウ糖が入っているものが殆どで、ブドウ糖も虫歯の原因となります。お水やお茶の代わりにダラダラと一日中飲むことは避け、必要に応じて摂るようにしましょう。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

夢の歯生え薬???

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
先日“歯生え薬”開発のニュースを目にしました。
そのネーミングから、髪の毛の様に歯が生えるの?と驚き、一瞬、耳を疑いましたが、私の聞き間違えではなく、歯が生える薬の開発が進んでいるというお話でした。以下に内容をまとめてみました。

京都市のベンチャー企業の“トレジェムバイオファーマ”は、京都大学医学研究科の呼びかけにより、歯科医師が代表取締となり、昨年会社を設立。歯生え薬の開発に取り組んでいるそうです。
以前からの研究で、人間の細胞内には乳歯・永久歯の次にも歯の芽(第3の歯)が存在していることが判明していました、その第3の歯の、成長と生え替わりを防いでいるタンパク質があり、そのタンパク質の働きを中和する抗体を今回開発したのです。
中和抗体を局所投与し、第3の歯を生やす治療法の開発を進めており、マウスやイヌで試したところ、それぞれ成功し、歯が生えたようです。
人間では、先天性無歯症(生まれつき一部の歯が生えてこない状態)の人を対象に、
2030年の販売を目指しているとのこと。

皆さんもご存知だと思いますが、現在、人間の歯は、乳歯から永久歯に生え変わると、その後は新しく歯が生え変わる事はありません。
そして失った歯の代わりを、ブリッジ・義歯・インプラントで補う治療がありますが、いずれも人工物で補う事になります。
今後この中に、自分の歯である、第3の歯を生やすという新たな治療の選択肢が増える日が来るのでしょうか、夢のような開発ですね。実現する日を待ち望んでいます。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

虫歯になる〝感染の窓″が開くとき

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
先日、何年もいらしていなかった男性の患者さんが、突然、歯の検診とクリーニングを希望されてご予約をお取りになりました。
歯科医院に行こうと思ったきっかけを伺ってみると、もうすぐ初めてのお子様が生まれるそうで、赤ちゃんに虫歯菌を移してはいけないと、奥様より歯のお手入れをするように促されていらしたとのことでした。

「生まれる前から赤ちゃんの虫歯を気にするなんて気が早い!」と、感じるかもしれませんが、幼少期のお口の環境はとても大切です。虫歯体質になるかならないかを決めてしまうと言っても過言ではありません。

そもそも赤ちゃんのお口の中には虫歯菌が存在しないのですが、子供の歯にも虫歯はできますよね、では、この虫歯菌はどこからやってくるのでしょう・・・?
正解はほかの人の口からです。
虫歯菌は、身近な大人から唾液を介して移り、住み着いてしまうのです。

そこで重要になってくるのが、スキンシップを多くとり、食事を共にする、お父様・お母様のお口の中なのです。
ご両親に虫歯があり、口腔衛生状態が悪いとお子様も感染しやすくなります。

虫歯菌は歯が生えてくると、お口の中に感染します。
感染しやすい時期は、1歳7ヶ月から2歳7ヶ月の1年間。この期間は〝感染の窓″と呼ばれ、最も注意が必要になります。

逆に3歳までのこの期間に虫歯菌に感染しなければ、大人になっても虫歯になりにくいといわれています。とても大切な時期になりますので、ぜひ覚えていてくださいね。

コップやスプーンなどの食器の共用や、食べ物が熱いからとフーフーと息を吹きかけ冷ますなど、ついやってしまいがちですが、感染の窓を思い出し堪えましょう。

ご自身のためには勿論、大切な赤ちゃんを守るためにも、お口の中を整え、虫歯になりにくい環境づくりをしていきましょう。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

やってみよう!歯肉マッサージ

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
今回は歯肉マッサージについてお話させていただきます。
歯肉マッサージとは、歯肉・頬の粘膜・唇・唾液腺などに、指や歯ブラシを使って、マッサージを行う事です。マッサージを行うと血流を良くなり、歯肉のターンオーバーに必要な酸素や栄養が届きやすくなるそうです。
歯肉マッサージが直接、虫歯や歯周病を予防する事はありませんが、以下の良い効果が期待できます。
① マッサージの刺激により、唾液の分泌を促す。 唾液量が多いと、口臭の緩和や、虫歯や歯周病に罹りにくい環境つくりに役立ちますね。

② リラックス効果。 実際にやってみると、とっても気持ち良いですよ。

③ 歯肉の血行促進を図り、正常な歯肉のターンオーバーを促す。歯肉に溜まった老廃物を洗い流す期待もできる様です。

やり方をお伝えしていきますね。まず事前に歯を磨き、手もしっかり洗いましょう。爪は長いと傷をつけてしまうので、予め短く切っておくと良いですね。

ではマッサージを始めていきます。人差し指に専用のジェルを指に取った後、歯肉全体に伸ばしながら、軽くなじませます。
指の腹を歯肉の上に置き、軽く押し当て、円を描く様に動かしていきます。
力が入りすぎない様に注意しながら、ゆっくり動かして下さい。
上下で2分程を目安に行いましょう。

マッサージに使用するジェルも様々なものが出ていますが、
私はリペリオという歯肉マッサージも行える歯磨剤を使用しています。
リペリオは画像2の通り、白いジェル状で程よく粘度があるため、歯肉マッサージが行いやすいです。また、歯肉細胞の回復を助ける成分や、歯肉の引き締め成分が配合されていますので、歯肉マッサージに使用すると薬用効果があり、より効果的です。

マスク生活でお口の中が乾きやすくなったと感じる方や、歯肉下がりが気になる方に是非チャレンジしてみていただきたいです。

*出典元[株式会社プラネット(DX Finder)より]

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

インプラントのホームケアについて

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
今回はインプラントの歯のホームケアについて、お話させていただきます。

インプラント治療は、歯の無い部位の顎の骨にインプラント体を埋め込み、その上に歯の頭の部分(義歯)を付けて、歯を補う治療方法です。
しっかり固定できるので入れ歯と比べるとよく噛める事、またブリッジのように隣の歯を削る必要が無いというメリットがあります。

ただ良いことばかりとはいかず、天然歯が歯根膜という靭帯を介して骨と結合しているのに対し、インプラント体と骨が直接結合しているため、感染に弱いという欠点があり、インプラント周囲炎という歯周病細菌の感染が起きてしまう事があります。

インプラント周囲炎は進行が早く、炎症が進むとインプラント体の撤去や、脱落してしまうこともあるため、インプラントを長く使うためにはインプラント周囲炎の予防が非常に重要です。他の治療でも同じですが、治療の終わりがゴールではなく、治療後に良い状態を保つことが重要です。そのためには歯科医院でのメインテナンスとご自身での毎日のホームケアが必要になります。

予防歯科製品のコンクールシリーズより、インプラント専用の歯磨き剤のジェルコートIPが出ています。こちらは、殺菌成分の塩酸クロルヘキシジンにより細菌感染のリスクを下げ、歯肉活性化成分のOMI加水分解コンキオリンが、歯肉の活性化に役立ちます。
また、研磨剤や発泡剤、フッ素も無配合なので、インプラントにも安心して使用していただけます。

フッ素は濃度やお口の中の状態によっては、インプラントを腐食し、プラークが付きやすくなることがありますが、ホームケア製品に含まれるフッ素濃度では、腐食するリスクはかなり低いため、残りの歯を守るためにはフッ素入り歯磨き剤の使用はお勧めです。
ただ、インプラントの周りをフッ素入りや研磨剤が入っている歯磨き剤を付けて磨くメリットがないので、できれば専用の歯磨き剤で丁寧にケアをしていただきたいです。

歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやワンタフトブラシに付けて使用する事により、細かい部分のプラーク除去や歯肉活性化を狙います。歯間ブラシに使うと、潤滑剤にもなるので、歯間ブラシが擦れる使用感が苦手な方にもお勧めです。是非、試してみて下さいね。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

根面カリエス(歯の根元の虫歯)について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
今回は根面カリエスという、歯の根元の部分にできる虫歯についてのお話です。

歯は、頭の部分の歯冠部(皆さんが毎日歯磨きする部分です)と、その下の歯の根の部分の歯根部とに分けられます。
通常、歯根部は歯肉に守られていて、目には見えないのですが、加齢や歯周病、ブラキシズム(歯ぎしり、食いしばり)などにより、歯肉が下がると、歯の根が露出してしまいます。この歯の根の部分にできる虫歯が根面カリエスです。

根面カリエスは非常に厄介な虫歯なのですが、その理由は歯の構成上にあります。
歯の歯冠部はエナメル質(その下に象牙質があります)というツルツルしたとても硬い組織でできていますが、歯根部はセメント質、象牙質という組織からできていて、表面に非常に小さな穴が空いているため、虫歯になると穴が開きやすく、神経までの距離も近いため進行も早いのです。
その結果、治療で歯の神経を取らなければいけない確率が上がったり、最悪の場合、歯が根元から折れてしまったりする事もあります。

一度下がってしまった歯肉は、基本的に元の位置まで戻る事はありませんので、露出してしまった歯根部は、常にカリエスリスクの高い状態で口腔内に存在することになります。

それではどの様にして根面カリエスを予防すれば良いのでしょうか?
歯根部は歯冠部に比べて、プラークが付着しやすく、丁寧なブラッシングが必要となってきます。毛先の品質が良い歯ブラシや歯間ブラシを使用して、軽い力で磨いて下さい。
毛先の品質の悪い歯ブラシや、強い力でのブラッシングは、歯根部が削れてしまう原因の一つですので注意が必要です。

歯磨き粉は専用の物がお勧めです。当院ではライオンのチェックアップシリーズより、ルートケアという歯磨き粉を扱っています。
このルートケアの歯磨き粉は、ジェル状で研磨剤が無配合で歯に優しい上、コーティング剤のPCAにより、露出した歯根部の象牙質表面のコラーゲンをコートしてくれます。
また、知覚過敏抑制効果のある硝酸カリウム、虫歯予防効果のあるフッ素も1450ppm入っていますので、歯肉退縮にお悩みの方、虫歯になってしまう前に是非一度、お試し下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

歯周病と認知症

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
前回は歯周病についてお話させていただきました。歯周病はお口の中だけでなく、様々な全身疾患にも影響を与えています。
今回は、最近テレビや新聞でも話題となっている、歯周病と認知症の一種である、アルツハイマー病の関係についてお話させていただきます。

アルツハイマー病は、脳が萎縮していく病気で、現在のところ、予防薬や根本的な治療法などは無いと言われています。症状は、記憶障害や判断力の低下から始まり、最終的には寝たきりになる場合もあります。アルツハイマー病は、認知症の60〜70%を占めると言われていて、大部分は65歳以上で発病します。
脳の萎縮は、アミロイドβなどの異常なたんぱく質が脳に蓄積される事が原因で起こります。

さて、歯周病との関係ですが、以前より歯周病は、アルツハイマー病を悪化させると言われていたものの、詳しい仕組みは明らかにされていませんでした。
しかし昨年、ついに、九州大学らの研究により、歯周病菌がアルツハイマー病の原因となるアミロイドβを増やし、脳に蓄積させるという仕組みが明らかになったのです。

歯周病菌は歯肉から血管内に侵入して、全身に運ばれるのですが、歯周病の主な原因菌の一つである、ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)は、カテプシンBという酵素を増やします。このカテプシンB酵素は、体の中ではアミロイドβを作り、脳の中ではアミロイドβの受け皿となる受容体を増やしてしまいます。その結果、脳内にアミロイドβが蓄積されてしまうのです。

先ほどお伝えした様に、脳内にアミロイドβが蓄積されると、アルツハイマー病を引き起こしますので、歯周病の治療や予防をする事で、認知症にかかるリスクを減らす事ができるのです。
今日から歯磨きが少し丁寧になるといいですね!

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

歯周病は世界一の感染症?

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
お口の中の病気といえば、まず虫歯を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は、歯を失う原因の第1位は歯周病であることを皆さんはご存知でしょうか?
今回は虫歯と並び、お口の中の2大疾患である、歯周病についてお話していきますね。

驚くことに、歯周病は2001年にギネス記録に登録されていまして、ギネスブックには次の通りに記載されています。“歯周病は人類史上、最も感染者数の多い感染症である。” “全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数える程しかいない。”
その後20年経ちますが、世界一を破られる事なく現在に至ります。
日本でも、厚生労働省が平成23年に行いました歯科疾患実態調査で、成人の約8割以上で、歯周病の症状があったという報告があるそうです。

さて、最も多くの人が罹っている歯周病とは、どんな病気なのでしょうか?
その字の通り、歯周組織と言われる歯を支えている歯肉や歯槽骨(しそうこつ・顎の骨)の病気で、プラーク(歯垢)という細菌の塊が原因でこの歯周組織が細菌感染を起こしてしまいます。
感染が起きると、歯肉が炎症を起こし、腫れてきます。その後、炎症が進むと、歯槽骨が壊されていきます。
歯は、この歯槽骨に支えられていますので、歯槽骨が壊されていくと歯がグラグラと揺れてきて、最終的には抜歯するしか治療ができなくなってしまいます。

ではこの歯周病を防ぐにはどの様にしたら良いのでしょうか?
先ほどお伝えしたように、歯の表面につくプラークが大きな原因となります。このプラークは歯磨きで落とす事ができますので、丁寧な歯磨きでプラークを落とし、綺麗なお口の中を保つことが一番の予防になります。歯ブラシやワンタフトブラシ(一本磨き用歯ブラシ)など目的別に歯ブラシを使い分け、歯と歯の間にはデンタルフロスや歯間ブラシを使用すると効果的です。

歯周病は軽度の段階では、自覚症状がほとんどありません。ご自身で痛みや歯の揺れなどを感じた時には、重度の歯周病にまで進んでいる事も多くあります。軽度のうちに、早く治療を受ける事で歯の寿命が長くなる可能性が上がります。
歯科医院の定期検診では、歯周病の検査を受ける事ができます。歯周病の検査は、歯周病の進行具合や、どの歯の周りに炎症が起きているのかが、わかる大切な検査です。歯肉を触られる感覚は苦手な方も多いと思いますが、悪い所が無いか定期的に検査を受けて下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

コロナ禍でのホームケア その⑤ 歯と歯の間のお掃除について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
皆さんは、歯と歯の間から虫歯や、歯肉の腫れが進んでいると、言われた事はありませんか?
今回は虫歯や歯周病になりやすい、歯間部(歯と歯の間)をお掃除する道具である、デンタルフロスと歯間ブラシについてお話させていただきます。

歯ブラシだけの歯磨きでは、歯間部に汚れが残りやすく、60%程のプラーク(歯垢)しか除去ができないといわれています。つまり、歯ブラシのみの歯磨きですと、丁寧に時間をかけて磨いていても、歯間部には40%のプラークは残っているのです。
デンタルフロスや歯間ブラシを併用する事によって、80〜90%までプラーク除去をする事ができます。

「デンタルフロスと歯間ブラシのどちらを使用するのか?」、これはよく頂くご質問です。基本的には、歯間部の隙間が小さい方や前歯に対しては、デンタルフロスを使用し、歯間部の隙間がある方(間の根元に食べ物がつまる方)に対してはデンタルフロスと歯間ブラシの併用をお勧めいたします。
また、ブリッジ(橋渡しの被せ物)にはデンタルフロスが入りませんので、歯間ブラシの使用は必須となります。

それぞれの使い方を説明していきます。
・デンタルフロス
繊維の束が連なっている糸状の物です。繊維が細かく、数が多い物を選びましょう。
歯間部の上からノコギリの様に動かし、歯と歯の接触点を通過させます。
その後、手前の歯の根元にフロスを沿わせて上下に2、3回フロスを動かし、プラークをフロスに絡めて取ります。その後、奥側の歯にも同様に歯の根元の面を磨きましょう。少し歯肉の中にフロスを入れるのがポイントです。プラークが取れたら、再度、ノコギリの様に動かしながら、歯間部からフロスを取り出します。

・歯間ブラシ
ナイロン毛のブラシを選びましょう。
一般的なL字型の歯間ブラシの場合、執筆状(ペン持ち)に持ち、歯と歯の間に真横からブラシを入れ、ブラシの方向に優しく数回動かして使いましょう。歯肉を傷つけない様に少しだけ角度を斜め上(歯の噛む面の方向)に向かって入れるのがポイントです。歯の隙間に合わせてブラシ太さのサイズを選ぶのが大切ですが、入れる時にスッと入り、動かした時にきつくないサイズを選びましょう。

デンタルフロスも歯間ブラシも様々なタイプがありますので、迷われた際には是非ご相談下さい。

さて、5回に渡ってご紹介しました”コロナ禍でのホームケア”は、今回が最終回となります。
生活習慣がガラっと変わり、お口の中が不安定になっている方も多くいらっしゃいます。毎日のご自身のケアで、お口の中を守ってあげて下さい。また、来院頂ける様でしたら、3〜6ヶ月に一度は定期検診にいらっしゃって下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋