「お帰り 寅さん」

昨日は11日の土曜診療の振替で臨時休診となり、ご不便をお掛け致しました。
貴重な平日のお休みには、平日しかできない用事をリストアップして、大体、いつも大忙しなのですが、昨日は午前中の早い時間で予定が済んだので、暖かい日差しに誘われ、思い立って柴又の帝釈天に行って参りました。

急と申しましたが、本当はそうでもないのです。ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、年末にNHKのBSで寅さんシリーズ3作の放送があり、1月2日3日、ずっと自宅静養の私は箱根駅伝が終わってからじっくり寅さんの世界に浸ってしまい、主題歌が耳から離れなくなり、あ~、柴又に行きたいな~、とずっと思っていたのでありました。
それで「そうだ!柴又に行こう!」ということになったのでした。

柴又は最後に行ったのは全く覚えていないくらい大昔なのですが、帝釈天の参道に入ると、本当に“わぁ~懐かしい~”と、テンションが上がりまくりました。「男はつらいよ」の最新作に合わせてでしょうか、参道のお店には「お帰り寅さん」というのぼりが掲げられていて、何だか、私まで、しばらくぶりに親戚のおばちゃんのお家に遊びに行ったみたいです。
「とらや」ってお店、本当にあったんですね。

寅さん記念館も楽しかったし、お団子も焼芋ようかんも甘酒も美味しかったし、(食べてばっかり)お腹はもちろん、何だか気持ちまでほっこりと温かくなって、優しくなりました。季節が良くなったら今度は矢切の渡しにも行きたいな~と思いました。

余談ですが、映画のなかの帝釈天の和尚様役の名優、笠智衆さんですが、笠 智衆(りゅう ちしゅう)さんとお読みするのですね?私はずっと 笠智 衆(かさち しゅう)さんだと思い込んでおりました。あ~お恥ずかしい勘違い、柴又で寅さんに教えられて、ひとつお利口になりました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ