「何度、歯が抜ける夢を見たことか・・・」

今日は土曜診療日であります。
このところ、びっくりするような、ぽかぽか陽気が続いていますね。
例年だとこの時期のエアコンは無条件に暖房ですが、今日はちょっと暑すぎるようで、暖房を送風に切り替えたりして室温の調整をしています。

今週、歯根破折治療後1か月で固定を外しにいらした患者さんのお話です。
会計時に受付で「うまく歯がくっついてくれてよかったですね」とお声をかけたところ、その患者さんは苦笑しながら、「何度、歯が抜ける夢を見たことか・・・」とおっしゃいました。
夢に見るほどずっと無意識のうちに歯のことを心配されていたんだな・・・とはっとしました。

歯根破折治療をお受けになる患者さんはまず抜歯のリスクをお考えになると思うのですが、治療が成功し、抜歯にならずに済んでまず一度ホッとし、1か月後に固定を外し、くっついてくれたことを確認してまた一度ホッとされるのですが、その1か月の間、皆さん本当に心配な日々を過ごされているんだな、と改めて感じました。

当院で治療を継続される患者さんには仮歯を装着し、暫くご様子を見て頂き、大丈夫であることを見極めてから最終的な被せ物を作成しますが、このまま順調にしっかりくっついてくれて、被せ物が終わって3度目のホッとする時が早く来るといいな、と同じ治療を受けた身として心からそう思います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ