銀座駅と銀座一丁目駅がやっと乗換駅になりました。

昨日の新聞に銀座線の銀座駅と有楽町線の銀座一丁目駅が乗換駅になったことが載っていました。“やっと”という感じです。

永田町と赤坂見附があんなに遠くて乗換駅になっているのに、記事にも書いてありますが、銀座と銀座一丁目は地上を歩いて200メートルだそうです。
こんなに近くて、どうして乗換駅にならないんだろう?と、地下ではきっとつながっているでしょうに、何かあるのかしら?と、ずーっと長い間、疑問に思ってきましたが、便利になって本当に良かったです。

ちなみに近いと言えば、有楽町線の有楽町駅と銀座一丁目駅も近いです。
京橋方面から歩くと、外堀通りの手前の駅は銀座一丁目駅で、外堀通りを挟んだ反対側の出入口は有楽町駅になっています。地上では外堀通りの幅しか距離がないことになります。
これもきっと地下ではつながっているのでしょうね。

思えば東銀座駅からもずっと辿っていくと大手町までつながっているような気がします。
東京の地下空間、恐るべし!ですね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ