セミさんも待ちきれないようで・・・

7月も終わりというのにちょっと肌寒いくらいで今年は梅雨が長いですね。
昨日、通勤途中で今年初めてセミさんの鳴き声を聞きました。
梅雨が明けなくてもセミは鳴くんだ!と知ったのですが、低い声で遠慮がちにミ~ン・・・・と長く声が続かず、あまり元気がない様子でした。
そうですよね、この曇天じゃセミさんも力が湧きませんよね。

話は変わりますが、昨夜も涼しかったのでエアコンはつけずに窓を少し開けて寝たのですが、朝方、ドサッ・バタッという何かが落ちるような音がして目が覚めました。
寝室には落ちるようなものは置いていないので不審に思いつつ、しばらくじっとしていたのですが何事も起らないのでそのまま眠ってしまいました。(でも私の不安はその時、既に芽生えました・・・)

いつもの時間に起きてカーテンを開けようと窓に近づくと、ひょえ~、私のベッドの足元の床に黒っぽい物体が落ちています。 案の定です。セミ爆弾です。私の不安は的中しました。

窓は10センチくらいしか開けていないのに、良くそこから入ってきたものです。
セミさんと私は、夏になると毎年戦いを繰り広げていますが、今年は梅雨明け前からバトルが始まってしまいました。
(当院のブログをみたら、最初にセミさんが登場するのは2008年で、なんと12年前のオリンピックイヤーでした。)

でもこのコロナ禍でも、いつものようにセミさんは元気で、ちょっと嬉しいような、怖いような、でもやっぱり恐いような、とってもコワイような心持の菊地であります。

吉田デンタルクリニック 受付 菊地

ページトップへ