「何かある」・・・のでしょうか?

一昨日、大阪の吉村府知事が、“大阪には5500もの歯科医院があるが、クラスター発生はゼロ。感染対策の賜物と思うが、何かある。何か?専門家には、是非分析してもらいたい”と求めた。“そうです。

感染リスクが高いとされる歯科医院ですが、大阪でクラスターが発生していないということは、東京で働く歯科医療従事者としては嬉しい限りです。

ただ、特に「何かある」・・・と言われてもピンと来るものは無いんですよね・・・
コロナ禍になってから当院での主な感染予防対策

待合室で
 体表温度測定
 アルコールでの手指消毒
 パーティション設置

診療室で
 薬液でのうがい
 マイタオルの導入

スタッフの防護のため
 マスクに加えてフェイスガードの使用

これくらいです。

ただ、スタッフはもちろんですが、患者さんも感染予防に高い意識をもってご協力頂いていることは事実だと思います。
やはり一人一人が意識高く行動すれば、感染は防げるのではないでしょうか。
ちょっと楽観的すぎるかもしれませんが、やればできるんだ!と思いたいです。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ