「また一本、歯が無くなってしまいました・・・」

先日、インプラントの定期検診にお越しになった患者さんのお話です。
この方は7年程前、当院でインプラント治療を受けられ、その後、6か月毎に検診にお越し頂いているのですが、インプラント以外の治療は紹介元の地元の歯科医院さんでなさっておられます。

この方が受付で私の顔を見るや否や、「また一本、歯が無くなってしまいました・・・」と仰いました。
えっ?前回の検診から半年しか経っていないのに何が起こったのですか?と伺ったところ、かかりつけ医から歯の根が折れて抜歯しかないと言われ、そのまま抜いてしまったとのこと・・・

ここで菊地は絶句し、「あ・・・一言ご相談頂けたら・・・ 当院ではそのような歯を抜かずに残す治療を行っているんですよ・・・」とお伝えしたものの、もう後の祭りです。

患者さんは当院でそのような治療を行っていることはご存知無く、もちろん抜きたくは無かったけれど、かかりつけ医から言われるままに抜いてしまったとのことでした。

帰り際にその患者さんが「その治療(歯根破折保存治療)を希望する方はどのようにしてこちらにいらっしゃるんですか?」と質問されたので、「皆さんインターネットで検索してお越しになります。」とお伝えしたところ、
「やっぱり自分でちゃんと調べなきゃダメですね・・・」と仰ってお帰りになりました。

きっとガッカリされておられると思うので、抜歯しなくても済む治療法があることをお伝えしないほうが良かったかな・・・と、その患者さんを見送りながら菊地はちょっと後悔しました。

ただ、院長先生のコラムにもあるように、複数の歯が破折を起こす方もおられるため、この患者さんが万一、他の歯に破折を起こした場合、このような治療法があることが頭の片隅にあれば、今度は抜かずに済むかもしれません。

信頼できるかかりつけ医がいることは良いことですが、歯科に限らず、世の中にはいろいろな治療法があると思います。自分の体ですから、もしかかりつけ医のアドバイスに納得できない場合、インターネットという有難いツールがあるので、自分で調べることも大切かもしれませんね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ