「二兎を追う者は一兎をも得ず」三兔を追ったらどうなるの・・・?

今、東京で、2021東京オリンピックの代表選手選考会を兼ねた水泳の日本選手権が開かれています。
水泳好きのワタクシ、NHKで夕方に毎日放送されているので録画して見ています。オリンピック会場となる東京アクアティックスセンター素敵ですね!

池江璃花子選手がメドレー種目でオリンピック代表に決まったのは本当に感動的でした。
その日はNHKの7時のニュースでトップに報道されていました。
ただ、その感動的なニュースの次は新型コロナウイルス感染状況についてでした。

現在、大阪が大変なことになっていますし、いずれ、東京にも同様のことが起こるのではないかと、漠然とした不安を抱えながら、日々仕事をしています。皆様もきっと同じですよね。

コロナ禍が始まってからずーっと「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざが頭にあります。
皆様、その意味はご存知だと思いますが、念の為、以下のとおりです。(故事ことわざ辞典より解説)

「二羽の兎を同時に捕まえようとする者は、結局は一羽も捕まえられないということからいった西洋のことわざ。二つの物事を欲ばってどちらも失敗したり、中途半端に終わるものである。」

コロナの感染防止と、経済対策という相反する願いは世界中どこも同じとは思いますが(二兎)、日本に至っては二兎に加え、三兎目の東京オリンピック開催も追っている状況です。

今朝のニュースでイギリスでは厳格なロックダウンとワクチン接種が奏功し、感染者が激減したそうで、ジョンソン首相が「私もバブでビールを飲みたい」というような内容でした。

日本も早くそうなるといいですね・・・(溜息)

吉田デンタルクリニック 受付 菊地

ページトップへ