「あと10年経ったらインプラントにします!」

先日いらした女性の患者さん、将来的に抜歯をしなければならない箇所があり、その後の治療法を検討されておられます。
この方はお母様が当院でインプラントをなさった方でインプラント治療に抵抗感はないようですが、受付で帰りがけに、「今 ○○才だから、これくらいは生きるとして、あと10年経ったらインプラントにします!」と仰いました。

きちんと人生プランをたてておられるなぁといたく感心した菊地でありますが、ふと、気になったことがあります。
それは加齢によるお体の変化で、女性の場合、骨粗しょう症になると、服用薬の種類によっては、歯科の外科治療時、休薬が必要になる場合があるようです。また、女性に限らず血液をサラサラにするお薬を服用中の方も、休薬についてかかりつけ医と相談して頂く必要があります。

お薬以外にも糖尿病等、内科疾患が問題になるケースもあり、患者さんが希望されてもインプラント治療ができないケースが実際に当院でもありました。

インプラントも歯根破折保存治療も外科処置が必要になります。
ですので、いざ決心して治療に踏み切った際、お体の状況によっては希望通りにならないこともあることをチコっとお知らせしておきますネ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地、

ページトップへ

公開日:2022/02/09