スキーはやはり、斜陽スポーツなのでしょうか?

院長の吉田です。
金曜日の診療終了後、万座温泉にスキーに出かけました。昨年12月の指導員研修会参加以来、今シーズン2度目のスキーです。
20時に診療室を出て、23時30分にプリンスホテルに到着しました。先シーズンまでは、万座の少し手前の嬬恋プリンスを利用し、表万座スキー場で滑っていたのですが、利用客の減少に伴い、嬬恋プリンスが冬期閉鎖となったため、やむなく万座プリンスを利用する事になりました。やむなくとは万座に失礼ですね。温泉だけでも訪れる価値のある場所ですから。
さて、土曜日は、予想どおりの好天に恵まれました。睡眠不足も吹っ飛ぶような良いお天気です。さっそくゲレンデに出かけました。
暖かさのため、雪の状態は最悪でしたが、思う存分、気持ちよく滑る事ができました。
 
なぜなら、連休にも関わらず、スキー場はとても、すいているのです。
写真でもお分かりのように、リフトもガラガラです。前述のとおり、嬬恋プリンスも冬期閉鎖状態です。スキー場が混んでいないということは、滑るには好条件なのですが、スノースポーツを愛するものとしては悲しい面もあります。
 
スキー連盟も子供のスキーに力を入れているのですが、果たして効果は出るのでしょうか。
吉田デンタルクリニック https://www.ydental.com/

ページトップへ