ローストビーフと入れ歯

週末はクリスマスのお祝いをされた方も多いかと思います。私の連休は受付の菊池さんオススメの映画レ・ミゼラブルを観に行ったり、ローストビーフを焼いたり、ブッシュドノエルを作ったりとなかなか充実していました。

ローストビーフと言えば、今は亡き祖父がわざわざ義歯を外して食べていた事が記憶にあります。なんでもせっかくのご馳走が「不味くなる」んですって。

 確かに今まで拝見した患者さんで義歯を使用されている方で、同じ事をおっしゃっている方が何人かいらっしゃいました。

(もちろん違和感なく使用されている方もいらっしゃいますが。)

 やはり自分の歯で噛むと言う事は、機能面でもそうですが、味を感じるうえでも重要な役割を果たしているんですね!

 今後も虫歯や歯周病で歯を失わない様にしっかりケアをして、80歳で20本の自分の歯を維持する事と共に、皆様の8020にも貢献できるよう、これからも定期健診にてお手伝いしていきたいと思います。

吉田デンタルクリニック

歯科衛生士 塩附

ページトップへ