心からご冥福をお祈りいたします

今朝起きて、最初に家人からかけられた言葉が
「勘三郎さんが亡くなったよ」でした。
「え?うそでしょ?」と眠気がいっぺんに吹き飛びました。
 
テレビの報道番組を見ると本当でした。
入院されて、その後、肺疾患が見つかって復帰が延期されたとの報道はされていましたが、まさか、まだ57歳で、新歌舞伎座の完成も見ずに亡くなるなんて、ご本人も、ご家族もどれほど、無念だったでことしょうか。
 
私は特別に歌舞伎ファンではありませんが、あの勘三郎さんの笑顔は大好きでした。
堅苦しいイメージがある歌舞伎を親しみやすくしてくださった方だと思います。
 
いつも検索サイトはヤフーを使っていますが、今日はトップに勘三郎さんの生前の優しい笑顔のお写真が出ています。見ると辛くて切なくなるので、今日はヤフーではなく、Googleを使うことにしました。
 
日本の歌舞伎界は大切な、大切な方を失くしました。
日本国民の一人として衷心よりお悔やみを申し上げます。
 
受付 菊地

 

ページトップへ