そろそろ「オヤノコト」・・・

昨日から診療開始となりました。
休診中、歯根破折治療で固定中の患者さんの固定部分が欠けるなど、休日診療所では対応してもらえないようなことが起こることを心配していたのですが、大きな問題も無く、ほっと一安心の菊地であります。

当院の夏休みが始まる少し前、通勤途中の京橋の路上で、フリーペーパーの「オヤノコト」を配布していたので、思わず手を出してしまいました。

毎年のことですが、お盆休みのこの期間中、各雑誌がオヤノコトに関する特集を組みますね。
今年も「親の看取り方」だの「実家の10大問題」だの「介護について知っておきたいこと」など、書店に行くとそのような雑誌でいっぱいでした。新聞でも実家の家をどうするか?というような住宅会社の新聞広告が繰り返し掲載されていましたっけ。
親元を離れた子供世代が、久しぶりで実家に戻り、親子で今後のことをじっくり考える時期なのかもしれません。

さらにさらに、私の大好きな「チコちゃんに叱られる!」でもこの時期、短縮バージョンの「チコっとスペシャル」で、「親と過ごせるのはあと何年?」というような質問がチコちゃんから出て、えっ?そーか、そんなに短いの? と切なくなってしまいました。

そろそろオヤノコト世代である私も、この夏休み期間中は貴重な平日のお休みを生かし、いろいろと親のことで活動して参りましたが、唯一、童心に戻ったのが、日本橋西川で開催されていた「スヌーピー夏休みフェア」です。
スヌーピーのタオルケットを買いに行ったのですが、お目当てのものは既に売り切れで、致し方なく1階に展示されていたスヌーピーとウッドストックの氷の彫刻を、小学生のちぴっ子に交じって撮ってきました。

そういえば今夜、NHKで午後7時30分から久しぶりにチコちゃんの放送があります。
しっかり録画してきましたので、早く帰って見るのが楽しみです。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ