何故、歯根破折保存治療の前に根管治療を勧めるのか?

破折した歯の治療を希望してお出でになる方の症状は様々です。
ある患者さんは歯の根元にニキビのような隆起ができたり、腫れたりしたため歯科医院にて診てもらったところ、破折しているから抜かないといけないと宣告されてお出でになります。これは比較的多いケースです。また、他院で破折の診断が下りていなくても、ご自身で破折を疑って来院される方もいらっしゃいます。

画像等ですぐに破折が確認出来れば良いのですが、破折しているかどうか、すぐに診断がつかないグレーゾーンの場合も多くあります。
このような場合、当院ではまず、第一選択肢として根管治療をお勧めしています。

歯の中心部には空洞があり、そこは「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織で満たされています。歯根の先端にある小さな穴、「根尖孔」を通じて顎の骨の中にある神経や血管と繋がっています。

この空間のうち、歯根部分の管状の空間を「根管」といいます。この空間で細菌が繁殖して炎症を起こすと、炎症が「根尖孔」から歯根外に及び、「根尖性歯周炎」という病気を発症します。この病気を治療するのが根管治療です。歯の内側を治療するため、「歯内療法」とも呼ばれます。

治療の方法ですが、ファイルという針金状の極細のヤスリや消毒薬を用いて根管内を無菌状態にしていきます。もしヒビが入っていなければこの治療法で治りますので、敢えて再植といった外科的な処置を受ける必要がありません。
ところが同じ感染でも、根管の中を顕微鏡等で拡大して見ていく際、ヒビが認められた場合は根管治療で治療することは不可能となります。破折で生じたスペースをファイルと薬液では無菌にできないからです。

当院では根管治療専門医と連携して治療を行っておりますが、歯根破折保存治療ご希望でいらした方でも、根管治療で治療可能な方も多くいらっしゃいます。逆にヒビがあり歯内療法では治療不可能ということで、根管治療専門医から当院に破折治療でご紹介頂く場合もあります。

歯根破折保存治療は抜歯しか選択肢の無かった歯を残すことができる治療法ではありますが、一旦抜いてすぐに戻すという外科処置を伴うため、治療によって即、抜歯となるリスクがあります。これが歯根破折保存治療の最大のデメリットです。

このリスクを避けるため、まずは身体にダメージの少ない根管治療で歯の内側からアプローチしていただき、根管治療では治療不可能であることが判明したうえで、歯の外側からアプローチする歯根破折保存治療をお受け頂くのが良いかと思います。

吉田デンタルクリニック
院長 吉田 浩一

ページトップへ