歯根破折のメカニズム  コアは大切 その ②

前回に引き続き、クラウン修復(被せ物)におけるコアの重要性について解説していきます。

私の考える歯根破折のメカニズムは以下の通りです。

日常の臨床に於いて、古いクラウンが外れてくる場合、その殆どのケースがコアごとの脱離であり、コアが残ってクラウンのみ外れてくることは殆どありません。つまり歯質とコアとの間で剥離(はくり)が起こっているということです。金属、強化プラスチック、何れの材質であってもコアが歯質と強固に結合していれば、それは一つの剛体であり、比較的割れにくい状態にあります。

ところが虫歯や接着剤の劣化により歯質とコアとが剥離、分離すると、コアに加わった咬合力(咬む力)は梃子の原理で歯根をこじったり、クサビのように働くことにより、歯根を破折させる力となってきます。

以上のことから、コアが歯質と強固に接着している限り、クラウンの歯根破折・脱離といったトラブルは比較的、起こりにくいと言えましょう。従って、神経を取り除いた歯にとって、コアは非常に大切なものと言えるのです。

このコアはクラウンを装着してしまうと外からは全く見えません。根管治療(神経の治療)同様、目立たない部分であり、残念ながら、これまでの歯科治療では、あまり重きを置かれていなかったように思います。例えるなら、ビルを建てる際に、目に見える上物は立派に作るけれども、完成したら見えなくなる基礎工事がおざなりにされている状態です。このようなビルは見た目が良くても長くはもたないでしょう。

私は歯根破折の治療を手掛けるようになってから、このコアの重要性を再認識し、コアの治療時にはクラウンと同程度の時間をかけ、丁寧な処置を行っています。コアの治療費をもっと頂戴したいくらいです。(笑)
治療内容としては「ダイアグノデント」(レーザー虫歯診断器)と「サージテル」(拡大鏡)を用いて虫歯に罹患している柔らかい歯質を徹底的に取り除いて硬い歯面を露出させ、接着剤が有効に働く状況を作り上げていきます。

このような処置を行って以来、当院でクラウンの脱離を起こしたケースはゼロです。
患者さんにはコアの治療時、「虫歯になっている柔らかい歯質を取り除いて健康な歯質を露出させます。」としか説明していませんので、「何でこんなに時間がかかるのだろう?」といぶかしく思われている方もいらっしゃるかもしれません。

ここまでお読みいただき、「結局、コアはメタルとファイバー、どちらが良いのか?」と質問したくなった方もいらっしゃるでしょう。当院の第一選択肢はやはりファイバーコアです。ただ症例によってはメタルの方が良いケースもあり、そのような場合には、18カラット、20カラットの金合金など、柔らかいメタルを使用しています。

繰り返しになりますが、「何れの材質であっても適切にコアの治療が行われ、歯質と強固に結合していればそれは一つの剛体であり、比較的割れにくい状態にある」ということです。

このように重要な部分であるコアはまさに歯冠修復にとっての「中核」、「主要部分」と言えましょう。
昔の歯科医師は良い名称をつけたものですね。

ページトップへ

公開日:2022/03/23