義歯(入れ歯)の取り扱いについて

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
失われた歯を補う治療として、入れ歯を使用されている方も多くいらっしゃると思います。
入れ歯は義歯(ギシ)の中の一つで、一般的に義歯というと、入れ歯を指しますので、今回は統一して、義歯と呼びますね。
義歯は、間違ったお手入れや、不衛生なまま使用してしまうと、義歯だけでなく、ご自身の歯自体の寿命を短くしてしまう事があります。
洗浄方法をご存知無い方もいらっしゃると思いますので、今回は義歯の取り扱いについてお話していきます。

まずは、使い始めですが、義歯の調整が必要になります。強く当たるところは痛みが出るので削るのですが、削りすぎたり、必要ない部分を削ると、ゆるくなったり、安定が悪くなります。少しずつ調整をしていきます。その為、何度か来院が必要になることがあります。
次に食事ですが、初日から何でも食べられる訳ではなく、食べやすい物から少しずつ訓練し、慣れていく必要があります。ここで使えないと諦めてしまう方もいらっしゃいますが、
面積の大きい入れ歯ほど、使いこなすまでに期間がかかりますので、急に使おうとせずに、毎日使用時間を少しずつ増やしていきましょう。
義手や義足なども初日から使いこなせる人はなかなかいらっしゃらないですよね。
総義歯(総入れ歯)の場合、前歯で咬むと外れやすいので、奥歯で咬む事を心掛けて下さい。

お手入れですが、毎食後に義歯を外し、流水下で専用のブラシを使用して磨きましょう。
クラスプ(金属のバネ)周りや、入れ歯のふち、凹凸部には汚れが残りやすいので丁寧に磨いて下さいね。一日一回は義歯洗浄液に浸けて清掃すると清潔に保てます。

義歯の性質上、歯磨き粉を使用すると、研磨剤により表面に傷が付き不衛生になります。
口腔内に装着したまま、ご自身の歯と同じ様に磨かないようにして下さい。また、熱湯は義歯が変形しますので、使用しないで下さい。

お口の中は、日々変化をしています。長く使用している義歯でも調整が必要な場合があります。定期検診の際に洗浄とチェックをしますので、必ずお持ちくださいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ