コロナ禍でのホームケア その⑤ 歯と歯の間のお掃除について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
皆さんは、歯と歯の間から虫歯や、歯肉の腫れが進んでいると、言われた事はありませんか?
今回は虫歯や歯周病になりやすい、歯間部(歯と歯の間)をお掃除する道具である、デンタルフロスと歯間ブラシについてお話させていただきます。

歯ブラシだけの歯磨きでは、歯間部に汚れが残りやすく、60%程のプラーク(歯垢)しか除去ができないといわれています。つまり、歯ブラシのみの歯磨きですと、丁寧に時間をかけて磨いていても、歯間部には40%のプラークは残っているのです。
デンタルフロスや歯間ブラシを併用する事によって、80〜90%までプラーク除去をする事ができます。

「デンタルフロスと歯間ブラシのどちらを使用するのか?」、これはよく頂くご質問です。基本的には、歯間部の隙間が小さい方や前歯に対しては、デンタルフロスを使用し、歯間部の隙間がある方(間の根元に食べ物がつまる方)に対してはデンタルフロスと歯間ブラシの併用をお勧めいたします。
また、ブリッジ(橋渡しの被せ物)にはデンタルフロスが入りませんので、歯間ブラシの使用は必須となります。

それぞれの使い方を説明していきます。
・デンタルフロス
繊維の束が連なっている糸状の物です。繊維が細かく、数が多い物を選びましょう。
歯間部の上からノコギリの様に動かし、歯と歯の接触点を通過させます。
その後、手前の歯の根元にフロスを沿わせて上下に2、3回フロスを動かし、プラークをフロスに絡めて取ります。その後、奥側の歯にも同様に歯の根元の面を磨きましょう。少し歯肉の中にフロスを入れるのがポイントです。プラークが取れたら、再度、ノコギリの様に動かしながら、歯間部からフロスを取り出します。

・歯間ブラシ
ナイロン毛のブラシを選びましょう。
一般的なL字型の歯間ブラシの場合、執筆状(ペン持ち)に持ち、歯と歯の間に真横からブラシを入れ、ブラシの方向に優しく数回動かして使いましょう。歯肉を傷つけない様に少しだけ角度を斜め上(歯の噛む面の方向)に向かって入れるのがポイントです。歯の隙間に合わせてブラシ太さのサイズを選ぶのが大切ですが、入れる時にスッと入り、動かした時にきつくないサイズを選びましょう。

デンタルフロスも歯間ブラシも様々なタイプがありますので、迷われた際には是非ご相談下さい。

さて、5回に渡ってご紹介しました”コロナ禍でのホームケア”は、今回が最終回となります。
生活習慣がガラっと変わり、お口の中が不安定になっている方も多くいらっしゃいます。毎日のご自身のケアで、お口の中を守ってあげて下さい。また、来院頂ける様でしたら、3〜6ヶ月に一度は定期検診にいらっしゃって下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ