歯周病と認知症

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
前回は歯周病についてお話させていただきました。歯周病はお口の中だけでなく、様々な全身疾患にも影響を与えています。
今回は、最近テレビや新聞でも話題となっている、歯周病と認知症の一種である、アルツハイマー病の関係についてお話させていただきます。

アルツハイマー病は、脳が萎縮していく病気で、現在のところ、予防薬や根本的な治療法などは無いと言われています。症状は、記憶障害や判断力の低下から始まり、最終的には寝たきりになる場合もあります。アルツハイマー病は、認知症の60〜70%を占めると言われていて、大部分は65歳以上で発病します。
脳の萎縮は、アミロイドβなどの異常なたんぱく質が脳に蓄積される事が原因で起こります。

さて、歯周病との関係ですが、以前より歯周病は、アルツハイマー病を悪化させると言われていたものの、詳しい仕組みは明らかにされていませんでした。
しかし昨年、ついに、九州大学らの研究により、歯周病菌がアルツハイマー病の原因となるアミロイドβを増やし、脳に蓄積させるという仕組みが明らかになったのです。

歯周病菌は歯肉から血管内に侵入して、全身に運ばれるのですが、歯周病の主な原因菌の一つである、ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)は、カテプシンBという酵素を増やします。このカテプシンB酵素は、体の中ではアミロイドβを作り、脳の中ではアミロイドβの受け皿となる受容体を増やしてしまいます。その結果、脳内にアミロイドβが蓄積されてしまうのです。

先ほどお伝えした様に、脳内にアミロイドβが蓄積されると、アルツハイマー病を引き起こしますので、歯周病の治療や予防をする事で、認知症にかかるリスクを減らす事ができるのです。
今日から歯磨きが少し丁寧になるといいですね!

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ