根面カリエス(歯の根元の虫歯)について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
今回は根面カリエスという、歯の根元の部分にできる虫歯についてのお話です。

歯は、頭の部分の歯冠部(皆さんが毎日歯磨きする部分です)と、その下の歯の根の部分の歯根部とに分けられます。
通常、歯根部は歯肉に守られていて、目には見えないのですが、加齢や歯周病、ブラキシズム(歯ぎしり、食いしばり)などにより、歯肉が下がると、歯の根が露出してしまいます。この歯の根の部分にできる虫歯が根面カリエスです。

根面カリエスは非常に厄介な虫歯なのですが、その理由は歯の構成上にあります。
歯の歯冠部はエナメル質(その下に象牙質があります)というツルツルしたとても硬い組織でできていますが、歯根部はセメント質、象牙質という組織からできていて、表面に非常に小さな穴が空いているため、虫歯になると穴が開きやすく、神経までの距離も近いため進行も早いのです。
その結果、治療で歯の神経を取らなければいけない確率が上がったり、最悪の場合、歯が根元から折れてしまったりする事もあります。

一度下がってしまった歯肉は、基本的に元の位置まで戻る事はありませんので、露出してしまった歯根部は、常にカリエスリスクの高い状態で口腔内に存在することになります。

それではどの様にして根面カリエスを予防すれば良いのでしょうか?
歯根部は歯冠部に比べて、プラークが付着しやすく、丁寧なブラッシングが必要となってきます。毛先の品質が良い歯ブラシや歯間ブラシを使用して、軽い力で磨いて下さい。
毛先の品質の悪い歯ブラシや、強い力でのブラッシングは、歯根部が削れてしまう原因の一つですので注意が必要です。

歯磨き粉は専用の物がお勧めです。当院ではライオンのチェックアップシリーズより、ルートケアという歯磨き粉を扱っています。
このルートケアの歯磨き粉は、ジェル状で研磨剤が無配合で歯に優しい上、コーティング剤のPCAにより、露出した歯根部の象牙質表面のコラーゲンをコートしてくれます。
また、知覚過敏抑制効果のある硝酸カリウム、虫歯予防効果のあるフッ素も1450ppm入っていますので、歯肉退縮にお悩みの方、虫歯になってしまう前に是非一度、お試し下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ