インプラントのホームケアについて

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
今回はインプラントの歯のホームケアについて、お話させていただきます。

インプラント治療は、歯の無い部位の顎の骨にインプラント体を埋め込み、その上に歯の頭の部分(義歯)を付けて、歯を補う治療方法です。
しっかり固定できるので入れ歯と比べるとよく噛める事、またブリッジのように隣の歯を削る必要が無いというメリットがあります。

ただ良いことばかりとはいかず、天然歯が歯根膜という靭帯を介して骨と結合しているのに対し、インプラント体と骨が直接結合しているため、感染に弱いという欠点があり、インプラント周囲炎という歯周病細菌の感染が起きてしまう事があります。

インプラント周囲炎は進行が早く、炎症が進むとインプラント体の撤去や、脱落してしまうこともあるため、インプラントを長く使うためにはインプラント周囲炎の予防が非常に重要です。他の治療でも同じですが、治療の終わりがゴールではなく、治療後に良い状態を保つことが重要です。そのためには歯科医院でのメインテナンスとご自身での毎日のホームケアが必要になります。

予防歯科製品のコンクールシリーズより、インプラント専用の歯磨き剤のジェルコートIPが出ています。こちらは、殺菌成分の塩酸クロルヘキシジンにより細菌感染のリスクを下げ、歯肉活性化成分のOMI加水分解コンキオリンが、歯肉の活性化に役立ちます。
また、研磨剤や発泡剤、フッ素も無配合なので、インプラントにも安心して使用していただけます。

フッ素は濃度やお口の中の状態によっては、インプラントを腐食し、プラークが付きやすくなることがありますが、ホームケア製品に含まれるフッ素濃度では、腐食するリスクはかなり低いため、残りの歯を守るためにはフッ素入り歯磨き剤の使用はお勧めです。
ただ、インプラントの周りをフッ素入りや研磨剤が入っている歯磨き剤を付けて磨くメリットがないので、できれば専用の歯磨き剤で丁寧にケアをしていただきたいです。

歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやワンタフトブラシに付けて使用する事により、細かい部分のプラーク除去や歯肉活性化を狙います。歯間ブラシに使うと、潤滑剤にもなるので、歯間ブラシが擦れる使用感が苦手な方にもお勧めです。是非、試してみて下さいね。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ