夢の歯生え薬???

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
先日“歯生え薬”開発のニュースを目にしました。
そのネーミングから、髪の毛の様に歯が生えるの?と驚き、一瞬、耳を疑いましたが、私の聞き間違えではなく、歯が生える薬の開発が進んでいるというお話でした。以下に内容をまとめてみました。

京都市のベンチャー企業の“トレジェムバイオファーマ”は、京都大学医学研究科の呼びかけにより、歯科医師が代表取締となり、昨年会社を設立。歯生え薬の開発に取り組んでいるそうです。
以前からの研究で、人間の細胞内には乳歯・永久歯の次にも歯の芽(第3の歯)が存在していることが判明していました、その第3の歯の、成長と生え替わりを防いでいるタンパク質があり、そのタンパク質の働きを中和する抗体を今回開発したのです。
中和抗体を局所投与し、第3の歯を生やす治療法の開発を進めており、マウスやイヌで試したところ、それぞれ成功し、歯が生えたようです。
人間では、先天性無歯症(生まれつき一部の歯が生えてこない状態)の人を対象に、
2030年の販売を目指しているとのこと。

皆さんもご存知だと思いますが、現在、人間の歯は、乳歯から永久歯に生え変わると、その後は新しく歯が生え変わる事はありません。
そして失った歯の代わりを、ブリッジ・義歯・インプラントで補う治療がありますが、いずれも人工物で補う事になります。
今後この中に、自分の歯である、第3の歯を生やすという新たな治療の選択肢が増える日が来るのでしょうか、夢のような開発ですね。実現する日を待ち望んでいます。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ