甘い飲み物が原因で初期虫歯が!

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
コロナ禍の影響で、歯科医院での定期検診がなかなか受けられない方や、生活スタイルが大きく変わった方が多いかと存じます。
今回は、そんな中、久しぶりに定期検診にお出でになり、初期虫歯が何本もできていた方のお話です。
(ちなみに初期虫歯とは、歯の表面からミネラル分が溶け出した脱灰状態で、虫歯となる一歩手前のことを指します。)

歯のクリーニングを終え、汚れを取り除いた状態で改めてお口の中を拝見すると、上の前歯の根元の部分が何本も白く濁ってしまっていたのです。この歯の白濁は、初期虫歯の特徴の一つなので、生活習慣に変化が無かったかを尋ね、質問を進めてみると、お仕事が“在宅勤務となり、ほぼ一日中、砂糖入りのカフェラテを飲んでいる”との事が判明しました。

砂糖の入りの飲食物を常時摂っていると、お口の中は長い時間、酸性になり、歯は溶けて虫歯になります。このままの食生活を続けていると、もっと沢山の歯が虫歯になってしまいます。恐ろしいですね。

ご本人には、砂糖入りのカフェラテが原因で、何本もの歯が虫歯になりかけているとお伝えし、おやつと同じように時間を決めて摂ってもらうようにお願いしました。
お話した後に“飲み物でも虫歯になるのですね?”と驚いてらっしゃったので、砂糖入りの飲物が虫歯の原因になる事を、まだまだご存知でない方もいらっしゃるのでは?と思い、このコラムを書かせていただきました。

初期虫歯は、歯の再石灰化により、歯を削らずに改善することがあります。
歯の再石灰化は、正しい食生活とブラッシングを基本に、フッ素やリカルデントの活用により促進する事ができます。歯磨き粉などで取り入れましょう。
唾液を出すことも大切です。口呼吸はお口の中が乾燥しますので、長いマスク生活で口呼吸になっている方は、鼻呼吸を意識して下さいね。

またこの時期、熱中症対策として経口補水液やスポーツドリンクなどのイオン飲料を飲む機会も多いと思います。このイオン飲料には、塩分と糖分が含まれており、砂糖不使用と記載があっても、ブドウ糖が入っているものが殆どで、ブドウ糖も虫歯の原因となります。お水やお茶の代わりにダラダラと一日中飲むことは避け、必要に応じて摂るようにしましょう。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ