マスクの下の口呼吸に要注意!

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
皆さんはマスクの下で口がポカーンと開いてしまっていることはありませんか?
マスクを着用していると息苦しく感じ、口呼吸(お口で息をすること)になりやすいのですが、
この口呼吸は、お口の中や身体に悪影響を与えている事をご存知でしょうか?
今回は口呼吸による悪い影響をお話していきます。お口をキュッと閉じて読み進めましょう。

まずはお口の中への影響をお話していきますね。
口呼吸をしているとお口の中が乾燥するので細菌が増殖してしまいます。
虫歯や歯周病菌も増殖しますので、当然、虫歯や歯周病のリスクは高くなり、口臭の原因にもなります。
そして、歯の表面が乾燥すると汚れが付くので、歯が黄ばみやステイン(着色)も付きやすくなります。
また常に口呼吸をしていると歯並びにも影響が出て、出っ歯や受け口になることもあります。

次にお口の中以外に与える影響ですが、
口から吸った空気は細菌やウイルスをそのまま吸ってしまい体内に取り込むことになるので、風邪や感染症などに罹りやすくやります。
鼻呼吸をすると、鼻がフィルターの役割となり異物を除去してくれるので、体調管理のためにも鼻呼吸を意識して行いましょう。
更に口呼吸をしていると、お口周りの筋肉が緩んできて、顔のたるみや二重顎の原因にもなってしまうのです。恐ろしいですね。
さて、皆さん今お口は閉じていますか?
スマホに熱中している時も下を向いている事が多く、口呼吸になりやすいのでお気をつけ下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 兒嶋

ページトップへ