人や物を大切にする気持ち

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
先日、衛生士学校の同級生である友人の結婚式に参列させていただきました。
まん延防止等重点措置実施期間のため、変更点や細かい調整も多く、準備が大変そうでしたが、新郎新婦と式場スタッフの方々の努力の結果、無事に執り行なわれたので、私は心から喜び、お祝いする事ができました。

披露宴では、友人が勤務する歯科医院の院長先生からお祝いのスピーチがあったのですが、
とても良いスピーチでしたので、一部を紹介させて下さい。

「歯の治療は大変ですが、治して終わりではなく、その後、必ず歯科医院でメインテナンスを受けていただく事が必要となります。そして虫歯や歯周病などには必ず原因があり、小さいうちに見つけてその原因を解決する事が大切です。
これは、夫婦関係も同じで、どんな夫婦喧嘩にも原因があるのです。喧嘩は小さなうちに解決し、日頃からお互いを思いやる事がとても大切です。夫婦関係もメインテナンスが重要ですよ。」

と、お話いただき、私はとても感動しました。
問題が起きている時もいない時も、現状の把握や振り返りをすること、思いやりの心を持つことは、日々の生活の中でとても大切ですよね。
このことは歯や夫婦関係だけでなく、人間関係や道具など様々な物事に当てはまると思います。

道具は使っているうちに劣化してしまいます。
診療で使用する歯科用ピンセットは先が合わなくなったり、探針と呼ばれる先の鋭利な器具は先が丸くなったりするので、使えなくなってしまいます。
ところが、当院では院長が診療器具のメインテナンスをしてくれているので、処分せずに使用する事ができます。
(吉田院長はとても器用なので、私たちスタッフは、何かあるといつも院長に頼ってしまいます。)
物をすぐに捨てずに修理をして大切にする事は、私が吉田デンタルクリニックで学んだ事の一つです。

人の命は有限です。もちろん人命と比べるものではありませんが、資源や物も無限ではありません。
人や物に感謝の気持ちを持って、大切にしていきたいと改めて思いました。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ

公開日:2022/03/04