歯周病の周知

最近、なぜか私が担当させていただく初診の患者さんで重度の歯周病の方が多く、まだまだ歯周病が周知されていないことに驚かされます。

歯周病の初期ではまだ自覚症状が少ないのですが、例えばブラッシング時に出血したり、歯ぐきの色が赤くなっていたら、歯肉炎か初期の歯周病の可能性があります。

虫歯でしたら、しみたり痛みが出で自覚しやすいのですが、歯周病はほぼ痛みもなく、自覚されないうちに進行してしまうので、ある意味、虫歯より怖い病気です。

当院では初診時・定期検診時に歯周ポケット検査をお受け頂き、数値で記録しますので、客観的に歯周ポケットの状態を比較し、状況に応じたクリーニングや歯周病治療を行っております。

歯周病が進行し、歯を失ってから嘆いても、もうどうしようもありません。歯科衛生士として、患者さんの歯周病に対する意識を少しでも高め、歯周病で歯を失う患者さんが少しでも減らせるよう、日々奮闘しています。

吉田デンタルクリニック

歯科衛生士 塩附

ページトップへ