デジタルレントゲン撮影について

患者さんからときたまこんな声を頂きます。

「レントゲン写真は撮らないとダメですか?」
「なるべく放射線は浴びたくないのですが」

放射線について皆さんがご心配なさるお気持ちもわかります。
ですが、日常生活のなかで、私たちは日々、被爆していることをご存知でしょうか?
そして歯科のレントゲン撮影の放射線量は、それに比べてはるかに少ないのです。

レントゲンは人間の目では見えないところを見えるようにする、歯科治療には欠かせない医療機器です。
特に歯の内部や根、歯を支える骨の状態などはレントゲンでしか見ることができません。
レントゲン撮影によって得られる情報は診断、治療方針の決定や治療経過の確認のために必須であり、レントゲン撮影無しに治療を行うことは、かえってリスクを伴うと言っても過言ではありません。

機種や撮影する部位にもよりますが、歯科医院で撮影するレントゲン写真の放射線量は、胃のレントゲン写真1枚(約4.1mSv)のおよそ100~400分の1、自然界から1年間に受ける放射線のおよそ40~100分の1程度と、極めて少ない量です。
「人体には全く問題ありません」と言い切れるほど、歯科で使用されているレントゲン撮影の安全性は向上しています。さらに当院では、より放射線量の少ない【デジタルレントゲンシステム】を採用していますので、従来型のフィルム現像タイプと比較すると、約10分の1の放射線量で撮影が行えます。

《 放射線量のおおよその目安 》

方法等 部位 放射線量(mSv)
デジタルデンタルX線写真(小) 0.001~0.003
デジタルパノラマX線写真(大) 0.002~0.003
医科用CT撮影 頭部

6.9
歯科用CT撮影 頭部

0.1
集団健診 胸部
胃部
0.3
4.1
東京・ニューヨーク間を飛行機で往復したときの放射線量 0.2
日本人が1年間に自然界から受ける放射線量 1.1
ブラジル(ガラパリ市)の人が1年間に自然界から受ける放射線量 10.0
胎児に影響があるといわれている放射線量 100.0
人が白血病や癌を引き起こすといわれている放射線量 1000.0

参考資料:放射線技師会雑誌No47 10号、独立行政法人 放射線医学総合研究会より

この表からわかるように、デジタルパノラマ写真を60枚以上撮影して、ようやく東京・ニューヨーク間の航空機往復で受ける放射線量と同じ程度になります。と言って、日常的に飛行機に乗っているパイロットやキャビンアテンダントの方々が、放射線のせいで病気になりやすいという話も聞いたことがありませんよね。つまり、それですら微量の放射線量でしかないのです。
また、歯科のX線撮影による発ガンのリスクは極めて小さく、今までに発ガンなどの障害が起きたという報告はありません。そして、妊娠中の方もまたご心配かと思いますが、胎児に影響が出る被爆量約100mSvは、デジタルパノラマ写真を一度に数万~数十万枚撮影しないと起こりえない数値です。なので、妊婦の方でも歯科のレントゲンはほぼ問題にならないと考えてよいと思います。それでもどうしても心配だという方は出産後に治療されるとよいでしょう。

ここまでで、歯科レントゲンの放射線量がいかに少なく安全なのかお分かり頂けたと思いますが、さらに被爆量を最小限に抑える為、当院では撮影時には必ず防護エプロンを着用して頂いています。
この中には鉛が入っていて(だからあんなに重いのですね)、撮影部(歯)以外の被曝線量は実質ゼロになっています。それ以外にも、レントゲン室の壁やドアの中には鉛が使用されており、外部に放射線が漏れないようきちんと設計して作られています。

当院では、日頃より不必要なレントゲン撮影は行わないよう心がけておりますが、より良い治療のため、レントゲン撮影の安全性と必要性についてご理解頂けますと嬉しいです。
でもまだやっぱり不安…という方、どうぞ院長先生に遠慮なく質問してみてくださいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 島田

レントゲン

ページトップへ